Enjoy!ウォーキングのTOPに戻る

シューズを考える


ウォーキング時の足元には当然のことながら気を使いたいものです。健康の為ウォーキングを始めたのに身体を悪くしてしまうと、何の為の行動かわからなくなります。足を使って歩くウォーキングでは、足元へのケアは重要ポイントです。

足元といえばシューズです。ウォーキングを楽しむからには、専用のシューズを用意しましょう。

普段から履きなれている運動靴でもよいのですが、長くウォーキングを続けるつもりなら、それに合った専用のシューズを購入しましょう。

ウォーキングシューズはいろいろなタイプのものが販売されています。それぞれの特徴をよく見て、自分の歩く目的に合っているか、実際の履きやすさはどうかなど慎重に選びたいですね。
つま先にゆとりがあることももちろんですが、ひもなどで調整可能なこと、中敷(インソール)の交換が可能なことも大切なポイントです。

履き方のポイントですが、まず足を靴に入れたら、足をかかと側に寄せて足先を上げます。そして、まめの予防や足の甲の圧迫を予防するために、靴下のしわや、靴のベロ部分のしわを取り除き整えます。

足の甲の部分は、歩いて足を踏み込んだときに窮屈になりがちです。ウォーキングに適したひもの通し方は、穴の内側から外側に向かってひもを通す方法です。このようにひもを組み上げておくと、甲が張り出したときの窮屈さが緩和され、動きやすくなるでしょう。

またせっかくウォーキンググッズとして揃えた靴ですから、長く使うためにもお手入れするように心掛けましょう。
最低でも、ウォーキングが終わった後は、風通しの良い日陰に干すようにしましょう。これだけでもずいぶん違いますよ。
汚れたら洗うことはもちろん、中敷を抜いて靴のつま先部分の毛玉をとったり、靴底の減り具合や縫い目のほつれがないかなどのチェックも必要です。

靴は履き続けることで自分の足に合ってきますので、大切に扱って、足に合った靴を長く使ってください。

関連コンテンツ

ウォーキングシューズについて

ウォーキングをする時のアイテムで重要なものの一つにシューズがあります。シューズはウォーキング中に、い・・・

快適な靴下を履きましょう

ウォーキングは歩くことによる有酸素運動ですが、なんと言っても歩くのに大事なものは足元ではないでしょう・・・

足を衝撃から守るインソール

ウォーキングをする際に慎重に選びたいのはシューズです。このシューズが硬い地面を歩くときに衝撃から足を・・・