Enjoy!ウォーキングのTOPに戻る
「Enjoy!ウォーキング」トップ >  ファッション > 暑い時期の歩くときの服装

暑い時期の歩くときの服装


何もしなくても汗が湧き出てくる夏… この時期には、わざわざ汗をかかなくても…と、思ってしまいがちですが、どうせ汗をかくなら思い切って汗を出そう!と思うことで身体が行動的に動き始めます。べたべたしていやだった汗が、とっても気持ちのいい汗に変わってきます。

毎日のウォーキングを日課にしている人は、まず日中の炎天下では歩くことはないと思いますが、朝か夕方とはいえ、夏の日差しを侮ってはいけません。
夏場のウォーキングでは、日焼けや熱中症から身体を守るために、工夫した服装が必要です。

汗の蒸発と体温の熱を放出させるために、軽くゆったりとしたデザインのものを選びます。

Tシャツなどが涼しげでいいように感じますが、首は特に日焼けしやすい部分ですので、襟付きのシャツを襟を立てて着るか、首に手ぬぐいやバンダナを巻いてもいいでしょう。
ウォーキンググッズとして、水を含むとひんやり感じさせる素材でできたバンダナも販売されています。

普段から日焼けしていない人は、半ズボンは避けたほうがよいと思います。膝の裏側が意外と気付かないうちにひどい日焼けをしていまうことがあるので、丈の長めのズボンをお勧めします。
素材は通気性、吸水性、発散性の高いものを選びます。

UV効果のあるシャツやズボンも販売されていますので、ウォーキンググッズとして数枚持っておくとよいでしょう。
帽子は必ずかぶりましょう。

また、自宅でのウォーキングの場合はよいのですが、歩いたあと電車に乗って帰宅する場合などは、予備の着替え用シャツを用意しておくと、周囲に気兼ねなく過ごせると思います。

関連コンテンツ

寒い時期は体温調節に気をつけて

寒い時期と言うのは、人の動きを止めてしまいます。これは気分とかの問題ではなく、人の習性から来るもので・・・

雨の日のウォーキングは安全に

私の働いていた会社の上司が、突然、会社を休むと連絡がありその日は会社に出てきませんでした。その上司は・・・