Enjoy!ウォーキングのTOPに戻る
「Enjoy!ウォーキング」トップ >  ファッション > 寒い時期は体温調節に気をつけて

寒い時期は体温調節に気をつけて


寒い時期と言うのは、人の動きを止めてしまいます。これは気分とかの問題ではなく、人の習性から来るものではないのでしょうか。

寒い日は、暖かい部屋の中でもコタツから出たくありませんよね。朝、布団から起き上がるのさえおっくうなのに、わざわざ早朝ウォーキングに出かけるなんて… しかし、冬という寒い時期にランニングやウォーキングを行なう人が意外と多いのは、寒い中で動くことによってからだが温まり、活性化し気持ちがよくなるのではないでしょうか。
寒い季節にウォーキングをするにあたって、揃えておきたいウォーキンググッズがいくつかあります。

お正月恒例の駅伝では選手はランニングに短パンで走っていますが、ウォーキングは走るのとは違い、寒い日の服装の基本は防寒です。しかし、寒いからといって肌着などを何枚も着込むと動きにくくなり、汗をかいて逆にからだを冷やして風邪を引いてしまいます。

冬場のウォーキングでは重ね着でこまめに温度を調節することを心がけていきます。
冷たい北風からからだを守るウインドブレーカーは必ず欲しいウォーキンググッズです。素材によっては、レインコートになるものもあります。
また、脱ぎ着した上着を入れるためのザックも必要です。
首周りから体温が逃げて行くのを防ぐために、マフラーやネックウォーマーも欲しいですね。

ズボンの中には、寒ければインナーウェアをプラスするとよいと思います。

あまり着込んでいると、歩いているときは暖かくても、休憩するときにはからだが冷えるので注意が必要です。休憩時には、保温マットなどで体温が逃げるのを防ぐようにしましょう。

関連コンテンツ

暑い時期の歩くときの服装

何もしなくても汗が湧き出てくる夏… この時期には、わざわざ汗をかかなくても…と、思ってしまいがちです・・・

雨の日のウォーキングは安全に

私の働いていた会社の上司が、突然、会社を休むと連絡がありその日は会社に出てきませんでした。その上司は・・・