ピクノジェノールでアンチエイジングのTOPに戻る

サプリメントとは


ピクノジェノール、コエンザイムQ10、ビタミン類、ミネラル類、様々な成分や多種類の栄養を、食事だけから摂るのはとても難しいものとも言えるのではと思います。

特にピクノジェノールなどは松の樹皮から摂れるものなので食事から摂る事はとても難しい栄養素と言えます。

そこで思い浮かぶのがサプリメントなのではと思いますが、サプリメント、だいたいの意味は何となく分かると思うのですが、その詳しい意味とはどのようなものなのでしょうか。

サプリメントは、アメリカの食品区分のひとつであるダイエタリー・サプリメントの訳語とされています。
これにより不足しがちな、ビタミン・ミネラル・アミノ酸など栄養の補助をしたり、ハーブなどの成分からの薬効を体内に取り入れたりします。
その他にも生薬・酵素・ダイエット食品など多様な種類があります。
栄養補助食品や健康補助食品とも呼ばれ、略称はサプリメントとして知られています。

元々サプリメントは体に不足している栄養素を補充する目的で使用されてきました。
しかし1990年頃から、健康意識の高まりや、テレビでの紹介などから一般に認識され、医療費の高まりの対策としての国政の予防医学として、法整備や規制緩和が行われた事から日本でも一大市場となったようです。

アメリカでは日本と比べて医療費が高額であることなどから、日頃の健康管理により多くの関心がはらわれる為、薬より安価な物も多いサプリメントが幅広く普及しているようです。
すでに1910年代にはビタミンのサプリメントとしての消費の始まりがありました。健康の自由運動という、食品効能の表示の自由、サプリメント使用の自由を健康の為に求める運動もアメリカでは活発に行われているそうです。

日本では1996年に、市場開放問題苦情処理体制によってサプリメントの販売が可能となり、規制緩和が決定されましたが、日本でのサプリメントは健康食品と俗称されたりして、法的には食品の区分に入ります。
しかしサプリメントの位置づけについては議論が続いているようです。病を患う人々の心理などを利用したマルチ商法などでのサプリメントの利用も多発しているようで、日本では悪いイメージも強い事でも知られています。

代表的なサプリメントとしては、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸などが挙げられますが、その他にもピクノジェノールやローヤルゼリー、ビール酵母、大豆イソフラボン、ビフィズス菌、グルコサミン、メリロート、カルシウム、クエン酸、ギムネマ、キトサン、食物繊維、ドコサヘキサエン酸、ローズヒップ、リコピンなどかなり多くの種類があるようです。

日本でも現在はメジャーなサプリメントですが、サプリメントも上手に利用できると良い商品のひとつなのではと思います。

関連コンテンツ

ピクノジェノールとは

みなさんは普段の生活にサプリメントを取り入れていますか…? サプリメントには、種類の数だけ効果があ・・・

ピクノジェノールの副作用

ピクノジェノールは、アメリカ、フランス、日本以外にも、イギリス、ドイツ、イタリアでも各研究機関で安全・・・

ピクノジェノールの原料

健康・美肌作りに関心の高い人々が注目する成分の中にピクノジェノール、又は、フラバンジェノールがありま・・・

フラバンジェノール

フラバンジェノールとはピクノジェノールの別名です。 ピクノジェノールという名称は、商標登録されてお・・・