ピクノジェノールでアンチエイジングのTOPに戻る

ピクノジェノールの副作用


ピクノジェノールは、アメリカ、フランス、日本以外にも、イギリス、ドイツ、イタリアでも各研究機関で安全性が立証されています。
ジャンプ
ピクノジェノールが、フォーファーリサーチ社(スイス)の登録商標だというのは紹介してきましたが、アメリカでは、抗酸化作用、血栓症、ADHD、心臓病、脳卒中に対して効果があるという用途特許が得られ、日本では、月経困難症、子宮内膜症の治療効果特許が得られています。登録商標ですからフォーファーリサーチ社以外の同様の成分はピクノジェノールと呼べないのですが、別名のフラバンジェノールも同じ成分のモノです。

さて、そのピクノジェノールですが、今回はその副作用について紹介します。

ピクノジェノールの安全性は、急性毒性試験、感作性試験、生殖毒性試験、皮膚一時刺激性試験、眼粘膜刺激性試験、ヒトパッチ試験などの試験で、安全性が立証されてますし、アメリカでは、食品としても安全性を証明する認定が受けられています。

ピクノジェノールには、一般的な薬のよう副作用はほとんどありません。ですが、人によっては、胃もたれ、胃痛が起きることもあるそうです。胃の弱い人などは特に… この副作用は、食事中や食後すぐに摂取する事を心がければ、解消されるそうです。

極めて稀なケースですが、松アレルギーという人が、ピクノジェノールを摂取した場合、発疹が出てしまうことも有るそうですが、アメリカ食品医薬品局で、低アレルギー誘発性製品として認定されているように、アレルギーを起こすことは極めて稀だそうです。

副作用の一つである、胃もたれ、発疹は、ピクノジェノールだけでなく、他の健康食品でも起こりうる症状ですし、過剰摂取しない事により防ぐことができます。また、血液サラサラ効果があり血が止まりにくくなる傾向があるので、けがをしている時には摂取しない事だということです。
あと、念のため妊娠中、授乳中の摂取も気を遣った方が良いでしょう。いくらピクノジェノールが万能の妙薬だと言っても、過剰摂取が効果につながることはありません。注意しましょう!

関連コンテンツ

ピクノジェノールとは

みなさんは普段の生活にサプリメントを取り入れていますか…? サプリメントには、種類の数だけ効果があ・・・

サプリメントとは

ピクノジェノール、コエンザイムQ10、ビタミン類、ミネラル類、様々な成分や多種類の栄養を、食事だけか・・・

ピクノジェノールの原料

健康・美肌作りに関心の高い人々が注目する成分の中にピクノジェノール、又は、フラバンジェノールがありま・・・

フラバンジェノール

フラバンジェノールとはピクノジェノールの別名です。 ピクノジェノールという名称は、商標登録されてお・・・