Petit断食で快適LifeのTOPに戻る
「Petit断食で快適Life」トップ >  体の為に > プチ断食をして体のだるさを取ろう

プチ断食をして体のだるさを取ろう


少し食べずにいてみませんか(*^_^*)
このプチ断食で「体のだるさを取る」ことができるんです。
食べること=健康であるとは言いがたい時代ですね。

例えば好きなことをしているときって夢中になってる時は、
何も食べたり飲んだりしなくても、寝不足になったとしても疲れもあまり感じず、結構平気で気力で頑張れますよね。

その後、それが終わると一気に体が疲れたり脱力感に襲われたりしますよね。
もちろん、交感神経・副交感神経のボタンも違ってきますが、血液も大きく関わるようです。
これは人間が動く事ができるためには細胞に血液中に含まれる水分・栄養・酸素が送り込まれればいいので例え食事を取らなくても胃腸に血液が送り込まれないだけで、その分を脳や筋肉に血液を送ることができれば大丈夫なように出来ています。

その後、ご飯を食べると今まで行かなかった胃腸に血液が行くようになり、代わりに脳や筋肉に血液が行かなくなるので動く力が半減すると言うことになり、疲れたと感じるようになります。

これを踏まえると、プチ断食をすると胃腸に血液を送らなくてもよくなるために、脳や筋肉が活発になり体のだるさが無くなるというようになります。

また、これと同じようにプチ断食をすると頭の回転が早くなります。これもプチ断食をすると胃腸に行くはずの血流が行かず、頭への血流に回ってしまうため脳の働きが良くなると言う図式が成り立ちます。

実際に私も朝を抜く事で「気持ちよい午前中」を体験しています。
さすがに食べ盛りの子供にはダメだとおもいますが、既にメタボの気になる年齢の方は、朝ごはんはドリンクくらいでいいのかもしれません。

このように適度なプチ断食はだるさを無くしてくれたり頭の回転をよくしてくれたりします。従って血流もよくなり、引いては脳梗塞、ボケなどの予防が可能になるかもしれません。体調に気を遣い、食べ物やサプリを細かくとるのもよいでしょうが、
獲る事よりも、抜く事も今の私達の食事には必要な事かもしれませんよ。

関連コンテンツ

プチ断食をすると睡眠が短くなる。

寝すぎて困る! いつも眠たい!そんな方は是非「プチ断食・プチダイエット」をオススメします。 寝る事・・・

内臓とプチ断食と水の関係

冷え性の事を調べてみました。 私は夏でも冷えで悩みます。先日グータンで江角マキコさんが「冷えにいいス・・・

プチ断食の体の変化

断食すると体の調子が上がりました♪ では、なぜ?プチ断食をするとそんなことになるのか? 体にどういう・・・