Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  Web Design > WebデザインとWebプログラミング

WebデザインとWebプログラミング


パソコンを使用したWebデザインには、パソコンを使ってホームページを製作し、それをインターネットを通じて公開せねばなりませんので、色彩などデザインに関する知識だけでなく、いろいろな知識が必要になってきます。
internet
Webページのレイアウトや配色だけでなく、ボタンの形状やレイアウト、配置方法など使いやすさに直接関係する事項を一定のルールからはみ出すことなく考えていかなくてはなりません。ホームページにきた人は、モニタの画面でしか見ることができませんので、その視点から考えて使いやすいサイトでなければなら煮のですね。

プログラムやHTMLのコーディングなどを考えながらデザインする必要もあるようです。せっかくデザインセンスが抜群なのに、HTMLの知識がないせいでホームページの表示は崩れてしまった、というのでは悲しいですからね。

また、Webデザインにはデザインに関する知識と技術に加え、創造性なども必要となってくるようです。デザイナーなのですから創造力が必要なのは当然かもしれません。

Webデザインと似たような言葉にWebプログラミングというものもあります。
Webプログラミングでは、Javaなどの言語を駆使してWebページをデザインしていきます。
掲示板やメール送信などの簡単なものから、インターネットショッピングや会員制のシステムなどの複雑なシステムなどを作り上げます。

この知識があれば、自分の思いついたデザインを、自分の思うとおりにインターネット上に表現できることになりますので、非常に有利になりますね。
WebプログラミングWebデザインの両方の技術と知識を身につけた人は、Webプロデューサーとも呼ばれ、Webページの製作をコーディネートしていくようです。

最近では多くの会社が自社のホームページを持っています。
そして、これらの会社の多くはホームページの製作を外部に委託しているのが現状です。
internet
インターネットでの広告費の増加傾向を考えますと、これらの傾向はますます強まっていくことが予想されますので、WebデザインWebプログラミングの知識と技術を持つ人材への需要はますます高まっていくと考えられます。
企業に雇われるだけでなく、ウェブ関係のスキルを元にして、独立開業することも可能でしょう。

パソコンを使用して仕事をしていくのであればWeb製作はどうでしょうか。
Web関連の資格取得を通じて、知識を習得してみましょう。

関連コンテンツ

パソコンでのWebデザインの資格を取得する

インターネットはここ10年ほどで急速に普及しています。10年前といいますと、インターネットといってもま・・・

Webデザインの資格をどう使う?

マイクロソフト製品関連の資格といえばマイクロソフトオフィススペシャリストが有名ですが、そういうパソコ・・・