Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  Web Design > Webデザインの資格をどう使う?

Webデザインの資格をどう使う?


マイクロソフト製品関連の資格といえばマイクロソフトオフィススペシャリストが有名ですが、そういうパソコンソフトを使用する資格の場合、その資格を持たないと仕事が得られなかったりして就職や転職に際して有利にならないようです。
しかし、Webデザインの場合はちがうようですね。
internet
Webデザインの世界では、Web関連の資格はあまり関係がないようです。Web関連の資格というのは飽くまでパソコンを使いこなせるという証明に過ぎません。その資格で良いデザインができるということにならないわけですね。

Webに関する資格試験はさまざまものがありますが、ウェブデザイナーとしての転職や就職に有利になることはないようです。
ではWebデザインの世界ではどのような方法で自分をアピールすればいいのでしょう。

デザインですからやはり作品ですね。自分の手になる作品で自分の能力をアピールするのが効果的です。
使いやすさ、見栄え、使用している技術などがWebページには表れます。あなたの能力がどれ位のものか、みる人が見れば分かるということです。ソフトウェアを使用して簡単に製作したのか、細かいところまで意識して自分で書き込んで製作したのかなど、ある程度のレベルの人はほとんどお見通しということになるようです。

パソコンを使用してWebデザインをしたい時は、資格取得自体が目的となってはいけません。資格取得を通じて自分のデザインの能力をアップさせていくんだ、という心構えが必要なようですね。

Webデザインはパソコンがあればすぐにでも始めることができます。
そして、現在インターネットがこれだけ普及していることですし、これからも利用は広がっていくでしょうから、Webデザインに関する知識を持っている人の需要は高いといえるでしょう。

Web関連の資格取得を機会として、Webに関する知識と技術を吸収してみてはどうでしょうか。
また、Webに関する技術の進歩の速さは非常に速いものとなっていますので、普段からアンテナを広く張り、新しい技術を吸収することも必要です。資格を取ったからといって安心していては、あっというまに自分の知識が古いものになってしまうかもしれませんよ。

関連コンテンツ

パソコンでのWebデザインの資格を取得する

インターネットはここ10年ほどで急速に普及しています。10年前といいますと、インターネットといってもま・・・

WebデザインとWebプログラミング

パソコンを使用したWebデザインには、パソコンを使ってホームページを製作し、それをインターネットを通じぁΑΑ