Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  初級シスアド > 初級シスアドの意義

初級シスアドの意義


初級シスアド試験は、パソコンや情報システムを有効に、かつ効率的に利用する際に必要な技術や知識について問いかけるものです。
ちなみに、初級シスアド試験とは、初級システムアドミニストレータの略です。

現代では多くの企業が、IT(インフォーメーション・テクノロジー)を活用して日々の業務を進めています。
そのため、初級シスアドを取得した人にとっての活躍の場は沢山あるようです。

初級シスアドという資格は、会社内でどのような役割を果たすのでしょうか。

初級シスアド資格取得者に期待される業務
  • パソコンやプリンタ、スキャナなどの周辺機器の設定
  • 社内ネットワーク環境の構築
  • アプリケーションソフトの有効利用による、業務の効率化を図る為の仕組み作り
  • パソコンのトラブル対策
  • セキュリティ対策
初級シスアド取得者は、パソコンに関する知識と技術を駆使して、上記のような、業務に対応して社内の情報化を推進する役割となるようです。
PC
今では、パソコンやその周辺機器なくして会社の業務は成り立ちません。そのため、初級シスアド資格取得者は、職種や業種に関係なく、IT化された環境にある(若しくはIT化が必要な)企業には、必要不可欠な存在になっていると思います。

これは、初級シスアドの資格を取得してしまえば、あらゆる業種の会社に就職することが可能ということでもあるのです。
初級シスアドの資格取得を目指す人が多い理由には、このような考え方があるようです。

関連コンテンツ

初級シスアド試験

初級シスアドの資格試験では、具体的にどのような内容について問われるのでしょうか。 パソコンに関する知・・・

初級シスアドとは

初級シスアド試験は入門的なパソコン資格で、情報処理技術者試験の一つです。この資格試験は経済産業省が実・・・


「初級シスアドの意義」のトップへ↑
「Skill Up !!」のトップへ↑