Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  Microsoft関連 > マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト


パソコンのソフトといえばマイクロソフトですよね。ビルゲイツでおなじみ。
現在の大半のパソコンにインストールされているウィンドウズもマイクロソフトの製品ですし、その他、インターネットエクスプローラー(IE)もそうですよね。ビズネスでよく使う、エクセル・ワード・パワーポイントといったものもマイクロソフト社製です。
かくのごとくマイクロソフト関連のパソコンソフトは世界中に普及しています。
internet
そのマイクロソフトの主催で世界中で実施されている試験に
マイクロソフト・オフィス・スペシャリストというものがあり、ベンダー資格の代表的資格です。
マイクロソフト製品の操作方法を世界共通の基準で判定する試験となります。
ワードやエクセル、パワーポイントといったソフトの操作スキルを問われるのですね。

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストの資格を目指す人は20歳台、30歳代が全体の8割近くです。高齢者はあまりいないようですねぇ。苦手意識があるのでしょうか。
大学生も就職時に有利な資格として受験します。

パソコンを使用したワードやエクセルなどは、ほとんどの企業で使いますから、就職時に有利な資格といえるでしょう。もちろん新卒の就職だけでなく、転職や再就職を控えている人、また、派遣社員として働いている人にとっても役立つ資格ですね。

ワードやエクセルを使うのは事務職だけではありません。様々な職種の人に使用されているソフトです。このことが転職する際に生かせそうです。

どんな職業に転職するとしても、実務経験があるほうが有利なのですが、その職種に関する経験がない場合は、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト資格が生きてくるのではないでしょうか… 何せどんな職場の場合でも使うソフトに関しては習熟しているわけですから。
実務経験が少ない分、実技資格を保持しているという点がアピールポイントになります。

事務職に限れば採用する企業側も即戦力として認めてくれるでしょうし、それ以外の職種でも有利に働いてくれることでしょう。

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストの試験レベルは2つあります。
スペシャリストレベルマイクロソフト オフィスの基本的な機能を使用して、効率よく事務を行うことができるレベル。
エキスパートレベルマイクロソフト オフィスを使いこなし、目的や用途に応じてパソコンとソフトの環境設定ができるだけでなく、高度な機能を駆使して事務をこなすことのできるレベル。
エキスパートレベルともなると、日常業務におけるパソコンのスペシャリストという認識をもたれます。パソコンに関しては、職場で頼りにされることでしょう。

関連コンテンツ

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー

パソコン教室が街にはたくさんありますね。やはり会社などでパソコンを使えないと困るという人が多いため需・・・

MCP (Microsoft Certified Professional)

マイクロソフト製品に関して高い知識を持ち、高いレベルの技術試験に合格した人にはMCPという資格が贈られぁΑΑ