Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  Microsoft関連 > マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー


パソコン教室が街にはたくさんありますね。やはり会社などでパソコンを使えないと困るという人が多いため需要が高いのでしょう。ということで、パソコン技能のインストラクターなどに転職や就職を考えている人もいることでしょう。
インストラクターになるためには、マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの資格を取得するべきでしょう。
internet
マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーになるには、当然のことながら、マイクロソフト製品に関する製品や実技試験に合格する必要があります。

ここでいう実技試験とは、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験となります。エクセル、ワードといったものを自在に使いこなせなければ、インストラクターなんてできないですよね。
つまりマイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの資格を取得したい人は、まずマイクロソフト・オフィス・スペシャリストの合格が必要となるということです。
ワードのトレーナー資格が欲しい人はワードのスペシャリスト資格が、エクセルのトレーナー資格が欲しい人はエクセルのスペシャリスト資格が必要となります。

そして最新のバージョンが発売されるたびにパソコン教室のインストラクターは受験せねばなりません。仕事の幅を広げるためには多くの科目、たとえばワード、エクセル、パワーポイントなどの資格を取得する必要があります。

これらの試験に合格すれば、マイクロソフト製品を自分で使うことはできるという証明になります。その後、人に教えるためのスキルを身につけ、実際に指導する方法についてのトレーニングを受けると、マイクロソフトによって認定されることになります。

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの資格を有するパソコン教室はマイクロソフト オフィシャル トレーニングスクールとして認定されます。
このスクールに認定されるということは、マイクロソフトに認められた教室ということになりますので、生徒も集まることでしょう。
ということは、パソコンスクールというのは、オフィシャルトレーナー資格をもつ人がどうしても欲しいわけですよね。いるといないとでは大違いですから。この資格を持っていればパソコン教室などに転職や就職する際は非常に有利となるといえそうですよね。

ただし、この資格には有効期限があるんですよね。まあ、ソフト自体バージョンアップしていきますので仕方ないのですけど。この資格者として認定されるためには、最新バージョンか1つ前のバージョンに関する試験合格者であることが必要となるのです。

だいぶ古いバージョンで試験に合格していたとしても、トレーナーとしては認めてもらえないようです。そりゃそうでしょうね。スクールで教えようにも、最新のソフトに関してはよく知りませんというのでは困ってしまいますよね。

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーを目指すのであれば、つねに新しいスキルを吸収する必要があります。ソフトがバージョンアップされるたびに、新しくなった部分について知っておかなければなりません。
パソコン教室のインストラクターが驚くほど最新バージョンのソフトに関して詳しいのは、このあたりに理由があるようです。

関連コンテンツ

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト

パソコンのソフトといえばマイクロソフトですよね。ビルゲイツでおなじみ。 現在の大半のパソコンにインス・・・

MCP (Microsoft Certified Professional)

マイクロソフト製品に関して高い知識を持ち、高いレベルの技術試験に合格した人にはMCPという資格が贈られぁΑΑ