Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  DTP関連 > DTP検定とDTPエキスパート

DTP検定とDTPエキスパート


DTPに関する資格のうち、日本経営協会が主催する資格試験はDTP検定です。
DTPとは「Desktop Publishing」の略で、出版社や印刷会社に頼らなくてもパソコン上で印刷物のデザインを行えるというものですね。
パソコン上で、広告やポスターやプレゼン資料、パンフレットなどのデザインができれば、大きくコスト削減ができそうです。
同じようなDTPに関する資格としてDTPエキスパートと呼ばれる資格があります。
art
DTP検定DTPエキスパート、なんだかこんがらがりそうですけど、一応違いがあります。DTPエキスパートは印刷関係の資格なんです。ようするに印刷の専門家といったところでしょうか。それに対してDTP検定は全業種を対象としている所にあります。

DTP検定は大きく分けて3つに分かれています。
まずプロフェッショナルDTPという資格があります。
名前のとおり、何らかの印刷物をつくるプロのための資格ですね。

この資格は編集者やデザイナー、オペレータなどDTPのスペシャリストを対象とした資格となっています。

このような職種の人は、日常の業務においてパソコンを使用して雑誌やカタログ、パンプレットなどのレイアウトをデザインしたり、印刷データを作成したり、という仕事をしているわけですが、そういうプロの人が狙う資格ですのでとても初心者向けとはいえません。
レイアウトの方法には縦組みや横組みなどがありますが、これらに制限されることなく自由にレイアウトできる能力が求められます。
art
また写真データのスキャニングする技術や、スキャニング後の色調補正の技術、図版の作成力なども高いレベルで求められるようです。
デザイン、画像、文章とすべてにわたって高度なスキルが要求されるのですね。
また効率よくデザインするためにソフトを上手に使いこなす技術も必要です。

プロフェッショナルDTPはこのような技術や知識を持つプロと言っていいでしょう。
そのため、プロフェッショナルDTPを受験するためには、実務経験が2年以上であることが必要となってきます。実務経験2年というのは短いようですけど、しかし初心者がいきなり資格取得することは不可能であることを意味しますね。
またはDTP検定のうち下位クラスの検定、たとえばディレクションDTPなどの資格を取得していることが受験条件となります。

関連コンテンツ

ディレクションDTP

パソコン上で印刷物のデザインを行うデスクトップパブリッシング。 そのスキルに対する資格にプロフェッシ・・・