Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  CAD関連 > CAD関係のパソコン資格を取得する

CAD関係のパソコン資格を取得する


CADシステムとはパソコンを使用して図面を書くシステム、「Computer Aided Design」の略ですね。
CADは設計やデザインが必要な、自動車や機械、電気、造船、土木建築など、さまざまな分野で使用されています。

CADの種類は大きく分けて「汎用CAD」と「専用CAD」があります。
汎用CADは名前のとおり、どんな分野でも使えるものです。オートデスク社の「Auto CAD」が代表ですね。
また「専用CAD」は服飾デザインや造園の設計、3Dの配管図面の作成など、ある一部の専門分野に特化したもので、応用が利かない分、効率化が図られています。

昔は設計といえば製図用の台と紙に専用のペンでしたね。うちにもありました。
現在では製図台はパソコンに変わり、専用のペンはマウスとなりました。

CADの担当者にはどのような能力が求められるのでしょうか。
たとえば、機械関係や土木建築関係のCADオペレータは、単に円を描いたり、線を描いたりというだけではだめですよね。
図面の意図するところを読み取る能力や、設計者が描いたスケッチを図面化する能力も必要です。
一方で、専門分野では設計者自らがCADを駆使して図面を描くことも多いようです。

CADに関する資格も多く、資格を取得すると、転職や就職に有利となるようですので、現在CADに携わっている人だけでなく、今後CAD分野の仕事をしたい人も狙ってみたいものです。

CADシステムは最近では非常に高機能となっています。
パソコンの中だけで図面を描くだけではありません。
パソコンは多くの場合インターネットやLANに接続されていますのでネットワークを通してデータを共有することもできます。
設計図データを共有して何がうれしいのかということになりますが、多くの人が協力して一つの図面を作成できることです。例えば、航空宇宙産業などの場合、国際的な分業が進み、CADデータの交換や図面データの添付など頻繁に行われます。
3次元CADなども広く利用されるようになりました。
アメリカのボーイング社は航空機の設計をするときに3次元CADを使うそうですよ。

ということでCADは建築関係や機械関係の企業では必須のアプリケーションといえそうです。
そのため、CAD関係の資格取得者の求人も多いといわれています。

さらに今後、さらにCSDシステムの普及は進むと考えられます。中小企業や小さな建築事務所などもCADシステムを導入していくというわけです。それに応じて求人も増加するでしょう。
設計関連のスキルで就職や転職をしたいのであれば、CADの資格は非常に有利であるといえます。

しかしCADでは、異なるソフト同士でのデータのやりとりが難しいのですねぇ。
たった一つの汎用CADの利用方法をマスターするのではなく、他のソフトの操作方法もマスターしておいたほうが、仕事もやりやすくなりそうですよ。

関連コンテンツ

CAD利用技術者試験

昔はトレースの通信講座なんてありましたが今はCADなんですね。 そのCAD関連の資格に「CAD利用技術者試験 ΑΑ

オペレーターとデザイナー

オートデスクマスターなどのCAD関係の資格を取得してCADオペレータを目指す人もたくさんいるようです。設計・・・

Autodesk Master

パソコンを利用して図面を描く場合、CADを使いますね。なかでもオートデスク社の「Auto CAD」というソフトぁΑΑ