Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  CAD関連 > CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験


昔はトレースの通信講座なんてありましたが今はCADなんですね。
そのCAD関連の資格に「CAD利用技術者試験」があります。
CADに関係する資格のうち、最もポピュラーな資格です。

CAD利用技術者試験は平成2年に始まって以来、毎年数万人が受験しています。
CADシステムは多くの企業で使用されています。ですからCADを扱う人も工学系の勉強をしてきた人だけとは限りません。
この試験では実際にCADシステムを操作している人の割合が非常に高いようです。

大学生や専門学校生が、知識とスキルの証明として2級のCAD利用技術者試験を受験することもあります。
1級は実際にCADシステムを扱うようになってから受けるのが無難です。

気になる合格率ですが、2級では4割ほど、1級で2割ほどです。当然ですが難易度が違いますね。

多くの人が1級に合格するために1年間くらい資格のための勉強をするそうです。
2級であっても半年くらいは勉強しなければなりません。
社会人は大学生や専門学校生と違い、パソコンはあっても資格取得のために勉強する時間がないということが多いですよね。
しかし少しずつの勉強では効果が薄いということもありますのでなんとか時間を捻出せねばなりません。

CAD利用技術者1級の試験は実技試験で、2級の試験は筆記試験となっています。出題内容はどのようになっているのでしょうか。

2級の試験範囲はCADシステムの基本知識全般ですね。
2次元や3次元といったCADシステムの基本用語以外にCADコマンドの使用方法の理解は必須です。
CADだけでなく、ハードウェアやソフトウェアなど、パソコンの基本知識も問われるようです。
また、図面の見方や用語など、JIS規格に基づく製図の知識も必要です。
知的財産保護や情報セキュリティに関することなど、CADシステムの周辺知識も出題されるようです。

1級の出題範囲は、実務に基づいたより実践的なものとなります。
各種条件を設定され、その条件に基づいて実際に作図する、という試験になっています。
また、文章によって提示されたことを図面化する能力も必要です。
トレースなどの技術も必要となってくることから、1級の資格を取得するためには、2級よりも長い勉強期間が必要なようです。

試験内容
  • 図面の様式作成と表題欄の作図
  • 投影図・展開図の作成
  • 基本図形の作図
  • 図形の編集
  • トレース
  • 文章による作図
  • 参考図による作図
企業においては1級のCAD利用技術者試験をクリアした人は即戦力として期待されます。
CAD関係の転職や就職を考えている人には1級の資格取得は有利に働くことでしょう。

また、3次元のCADに関する資格もあります。
平成15年から始まった「3次元CAD利用技術者」と呼ばれるもので転職や就職時の需要も多くなっています。

関連コンテンツ

CAD関係のパソコン資格を取得する

CADシステムとはパソコンを使用して図面を書くシステム、「Computer Aided Design」の略ですね。 CADは設掘ΑΑ

オペレーターとデザイナー

オートデスクマスターなどのCAD関係の資格を取得してCADオペレータを目指す人もたくさんいるようです。設計・・・

Autodesk Master

パソコンを利用して図面を描く場合、CADを使いますね。なかでもオートデスク社の「Auto CAD」というソフトぁΑΑ


「CAD利用技術者試験」のトップへ↑
「Skill Up !!」のトップへ↑