Skill Up !!のTOPに戻る
「Skill Up !!」トップ >  CAD関連 > オペレーターとデザイナー

オペレーターとデザイナー


オートデスクマスターなどのCAD関係の資格を取得してCADオペレータを目指す人もたくさんいるようです。設計をするという場面では、CADが必須になっていますので、CAD関係の資格も人気があります。うちの父親は2級建築士でCAD使っていますが、CAD関係の資格は持っていないようです・・・。

さて、パソコンを使用したCADオペレータはどのような仕事をするのでしょうか。
CADオペレータは、設計者が描いた手書き図面を清書して入力するのが主な仕事です。昔はこれを図面用の机でやっていたのですね。
今はパソコンを使ってやります。手書き図面を清書してパソコンに入力するだけであれば、業界未経験のひとでも十分にやっていけるのではないでしょうか。

それにしてもCADソフトは非常に高価なんですね。これを個人的に購入して家で勉強するとなると、ちょっと大変な気がします。勉強のためだけに買うというのはねぇ・・・。でも仕事で使うという人ならOKですよね。

仕事では使っていないのだけど、CADオペレーターとしてのスキルを得たい、という人は、パソコンスクールに通学してCADの資格を取得するおいうことになりそうですね。
熱意と前向きな姿勢がないとなかなかそこまではできません。
就職などでは、CAD利用技術者1級の資格を持っているということは、その前向きな姿勢が評価されるということでもあるようです。スキルだけではなく、この人には資格を取るだけの熱意があるんだな、そのために地道に努力することもできたんだなと、企業側は認めるわけです。

CADの業界で今後も活躍していきたいと思うのであれば、CAD利用技術者試験はぜひともクリアしておきたい資格になるようです。

CADに関する職種は様々な種類がありますが、CADデザイナーともなるとCADオペレータとは違って設計的な要素に関する知識も必要となってくるようです。
現場での経験とそれなりの知識が必要となってきます。
例えば、家屋の図面を描く場合、設計者のスケッチをパソコンに入力することは簡単にできます。
しかし、ドア位置が部屋の左側から右側へ変更されたとします。
この時、CADデザイナーであればドアの位置が変更されたことで、他にどの部分を変更したらいいのか考えることできる能力が必要となってくるのです。
この場合は先ほどの私の父親の例ではありませんが、設計とか建築の知識がものを言うわけですね。CADの資格だけでなくそれと関連する資格もとっておけば、相乗効果でより仕事の幅や可能性が広がってきそうですね。

関連コンテンツ

CAD関係のパソコン資格を取得する

CADシステムとはパソコンを使用して図面を書くシステム、「Computer Aided Design」の略ですね。 CADは設掘ΑΑ

CAD利用技術者試験

昔はトレースの通信講座なんてありましたが今はCADなんですね。 そのCAD関連の資格に「CAD利用技術者試験 ΑΑ

Autodesk Master

パソコンを利用して図面を描く場合、CADを使いますね。なかでもオートデスク社の「Auto CAD」というソフトぁΑΑ