Skill Up !!のTOPに戻る

Autodesk Master


パソコンを利用して図面を描く場合、CADを使いますね。なかでもオートデスク社の「Auto CAD」というソフトがもっとも普及しているようです。
CADソフトは様々あれど「納品はAuto CAD方式で」ということが多いようです。Auto CADが標準といってもいくらいですからオートキャドを使いこなせれば仕事もやりやすいということになります。
業界標準CADということで、建築や土木分野、電気や機械分野など多くの分野で利用されています。

そしてAuto CADの利用スキルに関する資格もあります。それは「Autodesk Master(ADM)」といいます。ベンダー資格ですね。
Autodesk Masterのメリットとしては、すぐに実務に役立つことが挙げられます。
実務使用率の高いAuto CADやオートデスク製品を利用して操作技術を学んでいくため業務にすぐ役立つというわけです。

この資格はAuto CADを中心としたオートデスク社製品の技能試験をパスすれば取得できます。
Autodesk Masterの試験内容は、パソコン初級者レベルのCADオペレータから、熟練した設計技術者まで対応できるように、熟練度別のレベルに分かれています。
たとえば、2次元の作図を対象とした「2D Design」「2D Expert」など、それから、3次元の作図を対象とした「3D Design」「3D Expert」などのクラスもあります。
自分のレベルに合わせて受験クラスを選択することが資格試験合格に必須でしょう。

この資格試験を受験する人は20代から30代の人が多いようですが、40代でチャレンジする人もいます。経験豊富なら年齢は関係ないでしょうね。
CADを利用して5年から10年くらいの経験者が多いようです。

Auto CADの2年に1回ペースのバージョンアップに応じて試験内容も変わってきます。
資格試験を受験しようとする人は、最新バージョンによる学習が必要ですね。

しかし、Autodesk Masterの資格を持っているだけではCADオペレータとしての仕事には就けるわけではないようです。
以前ほどCADオペレータの求人は多くないようです。
なぜなら、現在は設計者自らがパソコンのCADを使って設計図を作ったりするからです。
そのため、2Dや3Dの資格以外にもコンピュータグラフィックの技術など、相乗効果のあるスキルを持つといいようですね。

関連コンテンツ

CAD関係のパソコン資格を取得する

CADシステムとはパソコンを使用して図面を書くシステム、「Computer Aided Design」の略ですね。 CADは設掘ΑΑ

CAD利用技術者試験

昔はトレースの通信講座なんてありましたが今はCADなんですね。 そのCAD関連の資格に「CAD利用技術者試験 ΑΑ

オペレーターとデザイナー

オートデスクマスターなどのCAD関係の資格を取得してCADオペレータを目指す人もたくさんいるようです。設計・・・


「Autodesk Master」のトップへ↑
「Skill Up !!」のトップへ↑