マイホームが欲しい!のTOPに戻る

相続時精算課税制度


相続時精算課税制度を上手く利用して、資金援助をしてもらいましょう。

住宅を購入する時に、親からの資金援助があると助かりますね。
しかし、高額の贈与税などがかかるのではないかと不安な方もいると思います。
贈与税は1年に110万円までなら、税金はかかりませんが、それ以上の部分は金額に応じて税金がかかります。

それに対して住宅購入など高額な贈与の時に利用すると便利なのが相続 時精算課税制度です。

相続時精算課税制度とは?

相続を生前に行う扱いとなり(生前贈与)実際には贈与税の対象ではなく、相続税の対象となり非課税で生前贈与できます。
相続時まで、税金の課税が引き伸ばされる制度ですので、上手く利用しましょう。

・両親から20歳以上の子に対して2500万円までの贈与は非課税となります。
・父・母別々にこの制度が利用できるので、父から2500万円・母から2500万円貰っても非課税です。
・この額を超えると20%の贈与税がかかります。
・ちなみにこの制度を利用する際は、110万円までの非課税枠は使えないので気をつけましょう。

■メリット■
この制度を利用して親から資金提供を受けると相続税をまったく払わないもしくは、払っても少額ですみます。
親からの援助が受けられる人は、この制度を利用しましょう。


■相続税はみんな払っているの?■


実際の相続の時に、相続税を支払わなければならない人は、相続した人の5%と言われています。
相続税の控除は、5000万円+法定相続人の人数×1000万円のため、高所得者や土地・建物を多く持っている人でなければ相続税はかからないからです。

ただ、相続税が課税されるほどの資産がある方は少しずつでも、毎年贈与を行って相続財産を減らした方が有利なケースもあります。

制度を上手に利用して、賢い住宅の購入を目指しましょう。

■婚姻20年なら非課税でもらえる!?■

長くいると、得する事も沢山あるんですね。
税の優遇が受けられる、贈与の特例の一つが「居住用不動産の贈与の配偶者控除」です。

「居住用不動産の贈与の配偶者控除」を利用すれば、婚姻20年以上の夫婦間で2110万円まで非課税で、贈与が可能です。
収入の無い妻に、財産を分ける時は、特例を使うなどして、非課税範囲で上手く分ける工夫が必要です。
金銭の贈与は、時間をかけて少しずつ贈与するといいです。
年間範囲の110万以内の額を贈与していく方法です。

関連コンテンツ

住宅ローン控除

住宅ローン控除もお忘れなく・・・ 一定の要件を満たした人で住宅ローンを組んでいる人は住宅ローン控除・・・

固定資産税・都市計画税

固定資産税・都市計画税についてです。 住宅を購入すると固定資産税と都市計画税がかかります。 固定資・・・

固定資産税の減免措置

固定資産税の減免措置についてです。 固定資産税には、いくつかの減免措置があります。 戻らない税金は・・・