マイホームが欲しい!のTOPに戻る

自分で出来る梱包


自分でもできる梱包のポイントです!

業者にお任せパックは楽チンですが、自分でも引越しは出来ますよ。
余り遠いと大変ですが、軽トラック1台あれば!・・と言う方はにも。


布 団:
布団を積み上げた後、積み上げた状態で布団袋を逆さにかぶせると簡単にできます。

包 丁: 厚紙でサヤをつくり、刃の部分を包みましょう。サヤが抜けないようにテープで止めましょう。また柄の部分は出しておきましょう。包丁ということがわかります。

食器類: 小皿、茶碗などは1個づつ食器専用紙、新聞紙などでつつみ、ダンボール箱の底にクッション材を敷いて縦にして詰めます。(同形、同サイズのものを入れましょう)

ビン類: ビンのフタをきちんと閉め、立てたまま箱に詰めます。隙間が無いように詰め、隙間には新聞紙などを詰めましょう。箱のフタは開けたままにしておきましょう。(ビンとわかるように)

家 具: 中身を全て空にしてひも掛けやテープで固定しておきましょう。その際に市販の梱包用のガムテープを使用しますとテープをはがす時、家具を傷めることがありますので弱粘着テープのような「養生テープ」を利用しましょう。

その他: スチール家具など、分解して運ぶものは、ネジが無くなりやすいのでまとめてポリ袋に入れテープで固定しておきましょう。

荷物の量が多くなればトラックも大きなものが必要となり、
作業人数も増えてしまうのでそれだけ費用がかさみます。
新居で使わない不要品は早めに粗大ゴミとして出したり、
リサイクル品としてオークションに出して処分してみてはいかがでしょう。

粗大ゴミの処分・リサイクルは、引越会社に相談できます。
通 常は、引越会社の場合、リサイクルよりも処分ということになります。
処分のための費用も必要になります。(無料の場合もあるかもしれません)

私は、タンスや大型家具などを、リサイクルショップなら「売れなくても」無料で引き取ってくれましたので非常に助かりましたよ。

関連コンテンツ

雑ゴミ・処分費用

引越しの際は、思い切って要らないものは処分しましょう。 今は冷蔵庫・テレビなどの家電は其々に処分費・・・

初めての引越し・必要な道具

初めての引越しの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 一人暮らしなら、簡単な荷物でしょうが、家族・・・

近所のご挨拶と心づけ

長年お世話になった近状へのご挨拶。 引越す前に近所の人に挨拶をしたいと思っているかたが、殆どではない・・・

意外な落とし穴?!

意外な落とし穴 準備万端と思っていても、意外な落とし穴が…。 引越しの失敗談は色々あるようです。絶対・・・

新居への引っ越しのコツ

住宅の購入の手続きが済むと、続いて引っ越しが待っています。 上手な引っ越しのコツを考えてみましょう。・・・