マイホームが欲しい!のTOPに戻る

住宅購入にかかる費用


住宅購入にかかる費用・・
これが一番の頭の痛い?ところですね。
なんたって「予算」と言うものがありますからね。
jyuutaku
さて、住宅の購入にかかる費用は、どのくらい必要でしょうか。銀行などの借り入れ金額のほかに、「現金」で払うものが沢山あります。

現金はいつ、いくらいるのでしょうか?
入居前には頭金や不動産業者に払う諸経費などが必要です。これらは現金で支払う事になります。

‘金について

頭金は購入物件の2割が目安と言われています。
3千万円の物件なら600万円が目安です。
頭金なしで購入できる物件もありますが、月々の支払いが大きくなる、もしくは長くなりますので、できるだけ頭金を用意して後の支払いを減らしておいたほうが、無難です。

⊇経費とは?

・仲介手数料(売主の不動産屋等からの直接購入の場合はかかりません)
・住宅ローン借り入れのための融資手数料・印紙税・担保の火災保険料など。
・土地や建物の登記費用、その手続きのための司法書士報酬料。
・修繕積立基金、不動産所得税など。

物件によって必要な経費が異なりますが、
・新築マンションの場合は物件価格の2.5〜5%、
・中古マンションは5〜8%、
・一戸建て(新築・中古)は6〜10%
を諸経費の目安にしてください。


その他の費用

この他に新居のためのカーテンや家具等の購入にもお金がかかります。
折角ですから、自分の好きなものを買いたくなりますね。これらはも、予算を組んで買い物をしましょう。

家の周りのエクステリアも必要かもしれませんね。
引越し前には、引越し業者への費用も必要です。

このようなことからも、入居前にかかる費用を除いて、教育費などいざという支出のため、少なくとも100万円以上手元に置けるような費用計画を立ててください。

支払いが始まったら・・・

入居後は、住宅ローンの支払いが始まります。
月々払い、ボーナス併用払いがありますが、ボーナスが必ず出るとは限らないご時勢です。
できればボーナス払いなしの月々払いを選びましょう。
毎月支払える金額で、定年前に支払いが終了するようなローン計画が必要です。
この他、毎年固定資産税がかかります。
マンションならば管理費や駐車場料金が必要ですし、一戸建てならば修理に備えて資金を確保しておかなければなりません。

じっくり検討を重ね、将来支払えなくなるような高額な住宅を購入しないように心がけてください。

関連コンテンツ

財形住宅貯蓄とは?

財形住宅貯蓄とは? 財形貯金の中でも、住宅貯蓄は「家を買うとき」に使える貯金ですね。 天引きで気が・・・

財形年金貯蓄とは?

財形年金貯蓄とは? 財形貯蓄の中の一つに「財形年金貯蓄」があります。 これも、非課税の対象と成るも・・・

一般財形貯蓄とは?

一般財形貯蓄とは? 財形貯蓄の中の「一般財形貯蓄」についてです。 一般財形貯蓄をするための条件 ・・・

財形貯蓄とは?

財形貯蓄とは? 給料から天引きで貯められる貯金の事。 正式名称は「勤労者財産形成貯蓄」です。 勤・・・

フラット35

フラット35って何?  住宅の購入の際、多くの人は住宅ローンを使うことが多いでしょう。 住宅金融公・・・

財形住宅融資

会社員の方で「財形貯金」をしている方は多いのではないでしょうか。 その「財形貯蓄」を使った融資があ・・・

民間住宅ローン

民間住宅ローンとは、銀行などから借り入れをするローンの事ですね。 民間の住宅ローンは、取り扱う金融機・・・

住宅ローンの返済方式

住宅ローンの返済方式 住宅ローンの代表的な返済方式は2つです。 元利均等返済方式と元金均等返済方式ぁΑΑ

住宅ローンの繰り上げ返済

住宅ローンの繰り上げ返済って何? 住宅を購入する時に頭を悩ませる住宅ローンですが、借りた時から金利・・・

住宅ローンの条件変更

住宅ローンの返済方法の変更には条件があります。 住宅を購入する時に支払える予定だった住宅ローンの金額・・・

住宅ローンの借り換え

固定金利→変動金利への借り換え CMなどで銀行の金利などが安いのを目にすると、 「借り換えしたいな〜」・・・