マイホームが欲しい!のTOPに戻る

住宅ローンの返済方式


住宅ローンの返済方式
15
住宅ローンの代表的な返済方式は2つです。

元利均等返済方式と元金均等返済方式です。

この2つのうち多くの金融機関で取り扱っている、一般的な返済方式が元利均等返済方式です。返済金額が一定ですが、やはり全体の金利はかなり変わってきますので、どちらにしてもシュミレーションは必要でしょう。

・元利均等返済方式
元金と利息を合わせた毎回の返済額が一定となる返済方式のことで、月々の返済額が決まっています。
返済額が一定なので、資金計画が立てやすいこと、元金均等返済方式に比べ当初の返済額が少なくて済むのが利点です。

ただし、返済のはじめの方ほど、返済額に対する利息の割合が高く、元金均等返済方式に比べて返済総額は割高となります。

・元金均等返済方式
借入金を返済回数と割り、均等割りした元金返済額に元金の残高に応じた利息を上乗せした額を払っていく方式。

この場合は元金返済額は一定で、支払う利息の額が段々少なくなっていきます。
支払い当初は支払額が高いのですが、支払いごとに支払い金額は少なくなり、総額も元利均等返済方式より少なくなります。

金利は?

変動金利型ローンを利用の場合、金利は半年ごとに見直されます。
しかし、元利均等返済方式で変動金利型を利用している場合、当初5年間は返済額の中で元本と利息の割合を調整するので、返済額は変わらず、実際の返済額の見直しは5年ごとになります。

金利の変動にともなう利息の不足分がある場合、次の5年間で調整が行われますが、金利変動があっても返済額の上限は前の返済額の1.25倍が上限と決められています。

これを超える部分は次の5年で調整します。
調整しきれない場合は未払い利息が発生します。

自分に合った支払い方法を選択するのも賢い住宅の購入の大切な方法です。
住宅の購入では支払える金額を考えて資金計画をしっかりと立ててください。

つい銀行任せになってしまいがちな支払い計画ですが、実際に長い年月で何百万もの違いが生まれたりもします。
計画的に、繰上げ返済なども含み、ムダに金利を払うのは避けたいですね。

関連コンテンツ

財形住宅貯蓄とは?

財形住宅貯蓄とは? 財形貯金の中でも、住宅貯蓄は「家を買うとき」に使える貯金ですね。 天引きで気が・・・

財形年金貯蓄とは?

財形年金貯蓄とは? 財形貯蓄の中の一つに「財形年金貯蓄」があります。 これも、非課税の対象と成るも・・・

一般財形貯蓄とは?

一般財形貯蓄とは? 財形貯蓄の中の「一般財形貯蓄」についてです。 一般財形貯蓄をするための条件 ・・・

財形貯蓄とは?

財形貯蓄とは? 給料から天引きで貯められる貯金の事。 正式名称は「勤労者財産形成貯蓄」です。 勤・・・

フラット35

フラット35って何?  住宅の購入の際、多くの人は住宅ローンを使うことが多いでしょう。 住宅金融公・・・

財形住宅融資

会社員の方で「財形貯金」をしている方は多いのではないでしょうか。 その「財形貯蓄」を使った融資があ・・・

民間住宅ローン

民間住宅ローンとは、銀行などから借り入れをするローンの事ですね。 民間の住宅ローンは、取り扱う金融機・・・

住宅購入にかかる費用

住宅購入にかかる費用・・ これが一番の頭の痛い?ところですね。 なんたって「予算」と言うものがありま・・・

住宅ローンの繰り上げ返済

住宅ローンの繰り上げ返済って何? 住宅を購入する時に頭を悩ませる住宅ローンですが、借りた時から金利・・・

住宅ローンの条件変更

住宅ローンの返済方法の変更には条件があります。 住宅を購入する時に支払える予定だった住宅ローンの金額・・・

住宅ローンの借り換え

固定金利→変動金利への借り換え CMなどで銀行の金利などが安いのを目にすると、 「借り換えしたいな〜」・・・