マイホームが欲しい!のTOPに戻る
「マイホームが欲しい!」トップ >  契約について > 住宅契約に関する重要事項説明

住宅契約に関する重要事項説明


10

購入する住宅を決定するといよいよ契約となります。
契約する前に買主に向けて重要事項説明書を元に、重要事項を宅地建物取引主任者から説明を受けます。
説明が終わって売買契約が同じ日に行われるのが一般的です。

重要事項説明とは、物件の内容、契約内容、承認事項などで、契約内容の中でも特に重要な事項のことです。
細かい説明がありますので、わからないことは質問をして理解するよう心がけてください。

重要事項
・手付金
・契約の解除
・契約不履行
・ローン特約
についての説明があります。

手付金は一般的に、契約して契約の履行(物件の引渡し)までに、
・買主は手付金の放棄、
・売主は手付金の2倍を買主に渡す

ことで、契約を解除できます。

手付金は契約解除がなければ売買代金の一部となり、物件価格の1割〜2割が一般的です。

相手方が契約不履行の場合(物件を引き渡さない等)、契約を解除でき、相手方は違約金を支払う、とするのが一般的です。
違約金の額についても説明があります。

ローン特約では、借り入れを予定している住宅ローンが借りられない場合、契約を無償解除でき、売主は受け取ったお金を返還しなければならないとされている場合がほとんどです。

この重要事項を把握しておかないと、住宅を購入できなくなった場合や、ローンの審査が通らなかった場合にトラブルが起こる可能性があります。
面倒と思わずにしっかり重要事項説明書に目を通し、理解することが大切です。

関連コンテンツ

住宅の売買契約

分厚い「重要事項説明書」をいただきます。 この文章は、不動産会社の方が、読み上げてくれます(^o^;) 住・・・