マイホームが欲しい!のTOPに戻る

マンションの管理組合


マンションを購入した方は管理組合のお話を聞きますね。
8
マンションを購入した場合、購入者は管理組合員の一員となります。
では、マンションの管理組合とはどんなものなのでしょうか。

管理組合とは?

区分所有者(購入者)で組織し運営する団体です。
すべての業務を区分所有者で行う自主管理組合と、清掃や修繕などの業務を管理会社に委託している管理組合があります。
購入のマンションによって違います。

管理会社に委託するとその分管理費は余分にかかることになります。
けれど、自分たちで修繕計画などを作り実施するなど、煩雑な手続きは必要がなくなりますので委託しているところが多いのではないでしょうか?

また、業務を委託するので、その計画や料金は妥当なのか組合でしっかり把握しなければなりません。

管理費を安くできる方法としては、自主管理もあります。
ただし、自主管理の場合は、修繕計画などは自分達で立てて実施しなければならず、それが負担になる場合があります。

マンションの管理はどうするの?

これは、管理組合から管理者を置く場合と、法人化した管理組合から理事や監事を選出する場合があります。
管理者は管理人とは違います。マンションのまとめ役と考えればよいでしょう。

管理組合の仕事は?

管理組合は年1回集会(総会)を開かなければなりません。
ここで修繕計画や費用など議案の決議を行ったり、マンションの規約の決定、変更などを決めます。

・管理会社に委託している場合は、業務をまかせきりにするのではなく、業務に管理費を多く使いすぎていないか、修繕などの計画は妥当なのかをしっかりと把握し、意見を伝えることが大切です。

・自主管理組合の場合は、工事の施行会社との折衝などがわからない場合もあるので、勉強会などを利用して情報や知識を得ることも必要です。

住宅の購入の選択としてマンションを選んだ場合は、共有部分の補修などは勝手にできず、常に居住者と共に物事を決定していかねばなりません。
マンションなら維持管理が全て楽という訳ではなく、相互の協力や、理解は必要になってきます。
住宅の購入に際しては、このような事項も考慮しておきましょう。

関連コンテンツ

マンションの専有部分と共用部分

住宅を購入する時に、マンションの専有部分と共用部分という事柄があります。 接してどこが専有でどこが共・・・

マンションのメンテナンス

住宅は「消耗品」です。 ですから、メンテナンスはいずれ必ず必要ですね。 マンションだけに限られた事・・・