注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

気密性


省エネ住宅では断熱性とともに気密性が重視されています。

住宅ではどんなに閉め切っていてもドアや窓、壁や天井・床などの部材間には隙間が生じています。
この隙間の多少を気密性といい、気密性の高い住宅ほど隙間が少ない住宅だということになります。

どんなに断熱対策をしていても、小さな隙間から外気が入り込み室温に影響を及ぼします。特に、寒い時期の隙間からの冷気は暖房効果を下げ、エネルギー消費量が増大します。
北海道など寒冷地から機密性の高い住宅が発達していったのはそのためだと考えられます。

同様に、暑い時期の冷房効果への影響もあり、隙間から冷房の冷気が外へ流出してしまい冷房効果を下げてしまいます。

つまり気密性のを高くすることが、冷暖房の効率を上げる事となり省エネだと言えるのです。

気密性を高めるためには、断熱性・気密性の高い高気密サッシを用いたり、断熱材とともに気密シートを張る方法が効果的です。

機密性を高めることのデメリットもあります。
近年では室内の空気汚染の問題です。

以前の住宅は隙間が多く、少々汚れた空気があっても自然に外へ流出していきました。しかし現代の高気密住宅では汚れた空気は室内に留まります。それは汚れた空気中の有害物質も一緒に室内に留まることになるのです。

この問題への対策は、やはり換気をするということです。換気は高気密であるほど有効に効果を発揮します。
換気は汚れた空気を排除して新鮮な空気を確保するだけでなく、室内の燃焼器具に必要な酸素を確保するなどさまざま役割を果たします。

気密性の高い省エネ住宅では、住宅を設計する段階でしっかり換気計画をたてることが望まれます。

関連コンテンツ

屋根緑化が効果的

省エネ住宅の省エネ対策のひとつに屋根緑化があります。 屋根緑化とは屋根やルーフテラスに芝生などの植物・・・

換気

平成15年には新築住宅における換気設備設置が法律によって義務付けられました。 室内で過ごしていると・・・

太陽光発電

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付けて、太陽の光で電力を作り出すシステムです。 発電時に有害なガスを・・・

風通しをよくして温度や湿度を調節

自然の風を屋内へ取り込むことで室内の温度や湿度を調整して、快適な室内環境を保つことは健康的で、省エネ・・・

植栽

植栽には、夏には日差しを遮り、冬には防風の効果があります。 夏には強い日射を遮ると同時に、住宅の周り・・・

日射

日射は、省エネ住宅の快適さを左右する重要なものです。基本的に日射は、夏場は避け、冬場は取り込みます…・・・

シックハウス症候群

省エネ住宅を購入し、新しい家に入居してきて、気分新たに生活を始めたのに体調が優れない… こんな時は、・・・

湿気

省エネ住宅は断熱性や気密性が高め、隙間のない構造になっています。その理由は冷暖房効果を高める事にあり・・・