注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

太陽光発電


太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付けて、太陽の光で電力を作り出すシステムです。
太陽光発電上
発電時に有害なガスを出さず、電力使用のピークである夏に発電が多くできるということから、省エネ住宅を実現できる手段として国でも推奨しているシステムです。
電気代を大幅に節約できるという点でも優れています。これは昼間は自家発電による電気を使うため電気代がかからないためです。そして余った電気は電力会社に売ることができるます。

しかし、太陽光発電は設備が高額で、天候に左右されやすいなど課題も多くあり、今後さらに改善が求められています。
初期費用は高額ですが、長い目でみると太陽光発電の方が経済的な場合もあります。

また災害時や停電時に電力を得ることができることや、屋根に取り付けるパネルの影響で、夏涼しく冬暖かい断熱効果があることでも評価が高く、近年では省エネ住宅でも取り入れられています。

太陽光発電は地方自治体による補助金制度が設けられており、補助金制度による普及が期待されています。
太陽光発電上
近年、地球温暖化のもたらす問題が深刻になるにつれて、世界各国で防止対策が講じられるようになりました。
日本も例外ではなく、2008年から2012年までにCO2などの温室効果ガスを6%削減することを目標に、省エネ住宅の普及など、家庭における消費エネルギーを削減する対策に国をあげて取り組んでいます。

関連コンテンツ

屋根緑化が効果的

省エネ住宅の省エネ対策のひとつに屋根緑化があります。 屋根緑化とは屋根やルーフテラスに芝生などの植物・・・

気密性

省エネ住宅では断熱性とともに気密性が重視されています。 住宅ではどんなに閉め切っていてもドアや窓、・・・

換気

平成15年には新築住宅における換気設備設置が法律によって義務付けられました。 室内で過ごしていると・・・

風通しをよくして温度や湿度を調節

自然の風を屋内へ取り込むことで室内の温度や湿度を調整して、快適な室内環境を保つことは健康的で、省エネ・・・

植栽

植栽には、夏には日差しを遮り、冬には防風の効果があります。 夏には強い日射を遮ると同時に、住宅の周り・・・

日射

日射は、省エネ住宅の快適さを左右する重要なものです。基本的に日射は、夏場は避け、冬場は取り込みます…・・・

シックハウス症候群

省エネ住宅を購入し、新しい家に入居してきて、気分新たに生活を始めたのに体調が優れない… こんな時は、・・・

湿気

省エネ住宅は断熱性や気密性が高め、隙間のない構造になっています。その理由は冷暖房効果を高める事にあり・・・