注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る
「注文住宅で省エネを考える」トップ >  工夫・生活 > 風通しをよくして温度や湿度を調節

風通しをよくして温度や湿度を調節


自然の風を屋内へ取り込むことで室内の温度や湿度を調整して、快適な室内環境を保つことは健康的で、省エネにも効果的です。
風通し上
省エネ住宅の機能を有効に利用する為には、エアコンや暖房機器などを過剰稼動しない生活が望まれます。

屋内の風通しを良くすることで無駄な熱を取り除きエアコンなどの冷房効果を高めることができると共に、新築やリフォーム時のシックハウス症候群への回避の効果も期待できます。

屋内に風を取り込む為には、窓や扉を開けた時に自然の風が入りやすい環境にすることが必要です。住宅の間取りを決める際には、建物や庭の植栽が風を妨げないように窓を配置します。

省エネ住宅は、高断熱・高気密の設計が施されており、構造上夏の暑さが室内にこもりやすくなっています。この問題は、風の通り道を確保し、風通しをよくすることで、家屋の中からこもった暑さを逃がしてくれます。

方位によって窓の大きさを調整することも重要です。

省エネ住宅では、基本的に、南向きの窓には大きな窓、東・西・北には必要最小限の大きさの窓を設けます。窓を必要以上に大きくすると熱損失が大きくなる為、日射を得るための窓以外は、風通しを考慮した最小限の大きさにとどめることです。そして風の入口と出口をあらかじめ考慮し、2面以上の壁に窓を配置することも重要です。

最近の住宅では、開放感を高める目的で玄関やリビングが吹き抜けになっている構造の住宅が増えています。

吹き抜け構造には、単に開放感を与えるだけにとどまらず、風通しの面から見ても大変有効で、特に夏は涼しいという利点があります。吹き抜けの壁に大きな窓を設けることで光による明るさと熱も期待できます。

吹き抜けの風通し効果を最大限に発揮するためには、窓や換気扇を工夫して下から吹き抜けの窓へ空気が流れるようにすることが必要です。

冬には上部に暖かい空気がたまり、床面の温度が下がるという問題が生じます。吹き抜けの空間全体を均一な温度に近づけるためには、屋根や壁の断熱をしっかり行い、それと同時に、天井扇で空気を循環させるなどの方法をあらかじめ考えておくことも重要です。
風通し下

関連コンテンツ

屋根緑化が効果的

省エネ住宅の省エネ対策のひとつに屋根緑化があります。 屋根緑化とは屋根やルーフテラスに芝生などの植物・・・

気密性

省エネ住宅では断熱性とともに気密性が重視されています。 住宅ではどんなに閉め切っていてもドアや窓、・・・

換気

平成15年には新築住宅における換気設備設置が法律によって義務付けられました。 室内で過ごしていると・・・

太陽光発電

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付けて、太陽の光で電力を作り出すシステムです。 発電時に有害なガスを・・・

植栽

植栽には、夏には日差しを遮り、冬には防風の効果があります。 夏には強い日射を遮ると同時に、住宅の周り・・・

日射

日射は、省エネ住宅の快適さを左右する重要なものです。基本的に日射は、夏場は避け、冬場は取り込みます…・・・

シックハウス症候群

省エネ住宅を購入し、新しい家に入居してきて、気分新たに生活を始めたのに体調が優れない… こんな時は、・・・

湿気

省エネ住宅は断熱性や気密性が高め、隙間のない構造になっています。その理由は冷暖房効果を高める事にあり・・・