注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

植栽


植栽には、夏には日差しを遮り、冬には防風の効果があります。
植栽上
夏には強い日射を遮ると同時に、住宅の周りの温度を下げる効果があり、涼風、清風を得られます。
冬に葉が落ちる落葉樹なら、夏は日差しを遮り、冬には日射を利用できます。
植物のサイクルを利用して室内を快適な温度に近づける事にとって、過剰な冷暖房によるエネルギーの消費を抑えることができるのです。

植栽を行う時には、植える場所を考慮して樹木の選択を行い、よりよい効果が得られるように気をつけましょう。
日射の入る方向(南・東・西向き)の窓の周囲には落葉樹が良いでしょう。特に南面には藤棚などで日陰をつくると効果的です。

北向きの窓の周辺には、冬の間の防風や目隠しに有効な常緑樹が適しています。常緑樹は、夏には日射を遮ってくれますが、冬の温かい日射も遮ってしまいます。

また、植える場所を決めて、樹木が成長した時の大きさを予測して、樹木を選ぶことも大切です。

植栽の中でも、近年省エネ住宅として注目が集まっているのが、屋上緑化や壁面緑化です。

この手法は屋根や壁面、ルーフテラスなどに植物を植えて緑化する方法です。緑化は断熱効果があるため、室温を夏は涼しく冬は暖かく保ち、冷暖房効果を向上させます。

そして緑は温室効果ガスであるCO2を吸収するためエコ的にもよく、近年都市部で問題となっているヒートアイランド現象の緩和に役立ちます。
植栽下

植物は生き物であり、植栽や屋上、壁面の緑化には、水やりや雑草の抜き取り、枝葉の手入れなどの手間がかかるものです。しかし環境にやさしく、視覚的にも精神的にも住む人に良い影響を与えるもので、今後多くの省エネ住宅に積極的に取り入れられることが望まれます。

関連コンテンツ

屋根緑化が効果的

省エネ住宅の省エネ対策のひとつに屋根緑化があります。 屋根緑化とは屋根やルーフテラスに芝生などの植物・・・

気密性

省エネ住宅では断熱性とともに気密性が重視されています。 住宅ではどんなに閉め切っていてもドアや窓、・・・

換気

平成15年には新築住宅における換気設備設置が法律によって義務付けられました。 室内で過ごしていると・・・

太陽光発電

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付けて、太陽の光で電力を作り出すシステムです。 発電時に有害なガスを・・・

風通しをよくして温度や湿度を調節

自然の風を屋内へ取り込むことで室内の温度や湿度を調整して、快適な室内環境を保つことは健康的で、省エネ・・・

日射

日射は、省エネ住宅の快適さを左右する重要なものです。基本的に日射は、夏場は避け、冬場は取り込みます…・・・

シックハウス症候群

省エネ住宅を購入し、新しい家に入居してきて、気分新たに生活を始めたのに体調が優れない… こんな時は、・・・

湿気

省エネ住宅は断熱性や気密性が高め、隙間のない構造になっています。その理由は冷暖房効果を高める事にあり・・・


「植栽」のトップへ↑
「注文住宅で省エネを考える」のトップへ↑