注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

シックハウス症候群


省エネ住宅を購入し、新しい家に入居してきて、気分新たに生活を始めたのに体調が優れない… こんな時は、シックハウス症候群を疑ってみてください。
シックハウス症候群
最近、省エネ住宅を新築したりリフォームを行った方の中に、「目がチカチカする」「喉が痛い」「めまいや吐き気」「頭痛」などの症状が出るシックハウス症候群が問題になっています。

シックハウス症候群とは、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物が原因の一部と考えられています。
近年の住宅は建築する際に、接着や殺虫などの目的でいろいろな化学物質を使用します。その化学物資が室内空気を汚染し人体に入り込む為、新築やリフォーム後、入居した人が上記のような体調不良を起こしたりします。

このシックハウス症候群は症状が多岐にわたるため、医者の知識不足から相手にされないケースも多く報告されています。

特に、省エネ住宅は、気密性が優れていることが仇になり、十分な換気がされなかった場合に、室内に汚染された空気が留まりやすく、シックハウス症候群を引き起こしやすいと言われています。

シックハウス症候群にならない為の対応策は、原因物質を生活環境から排除することです。近年では建築材料や殺虫剤の使用を制限するなどの対策が法律でも定められています。

日常生活の中で換気方法や日用品の選びに注意することも重要で、
カーテン・じゅうたん・ワックス・防虫剤・洗剤などの日用品は化学物質を発散するものがあるので十分注意して選ぶようにします。

特に新築や改築の当初と、高温多湿になる夏は、化学物質の発散が多くなります。換気することを心がけ、複数の窓や扉を開放して十分な通風を確保して、設置されている換気設備を計画的かつ有効に利用して換気することが必要です。
シックハウス症候群下
せっかく購入した省エネ住宅… 健康的で快適な生活を送りたいものです。省エネ住宅の機能を十分発揮するためにも、化学物質はできるだけ室内から排除するように心がけましょう。

関連コンテンツ

屋根緑化が効果的

省エネ住宅の省エネ対策のひとつに屋根緑化があります。 屋根緑化とは屋根やルーフテラスに芝生などの植物・・・

気密性

省エネ住宅では断熱性とともに気密性が重視されています。 住宅ではどんなに閉め切っていてもドアや窓、・・・

換気

平成15年には新築住宅における換気設備設置が法律によって義務付けられました。 室内で過ごしていると・・・

太陽光発電

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付けて、太陽の光で電力を作り出すシステムです。 発電時に有害なガスを・・・

風通しをよくして温度や湿度を調節

自然の風を屋内へ取り込むことで室内の温度や湿度を調整して、快適な室内環境を保つことは健康的で、省エネ・・・

植栽

植栽には、夏には日差しを遮り、冬には防風の効果があります。 夏には強い日射を遮ると同時に、住宅の周り・・・

日射

日射は、省エネ住宅の快適さを左右する重要なものです。基本的に日射は、夏場は避け、冬場は取り込みます…・・・

湿気

省エネ住宅は断熱性や気密性が高め、隙間のない構造になっています。その理由は冷暖房効果を高める事にあり・・・