注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

湿気


省エネ住宅は断熱性や気密性が高め、隙間のない構造になっています。その理由は冷暖房効果を高める事にあり、省エネルギー効果を発揮する為の工夫なのですが、その副作用として、住宅内に大量の漆器が発生することが問題になっています。
湿気上
湿気は外気の関係や壁面・床面など室内を室外を隔てているものからと、調理・入浴・暖房などの生活する上での行為からくるものなど、あらゆるところから発生します。そして通気の悪い場所に溜まり、カビやダニを繁殖させたり、結露をおこしたりして、住宅や健康に悪影響を及ぼすものです。

そのため湿気対策は、省エネ住宅を考える上で特に気を使うところでもあります。

生活の中で少し配慮することによって、室内の湿気の発生を抑えることができます。

最も健康的かつ省エネ的な対策方法は、天気の良い日に窓を開放して風を通す事なのですが、例えば雨の日には室内に洗濯物を干さないようにするなどの工夫することが大切です。
雨の日には換気の効果も低いため、室内に湿気を発生させないことに気をつけます。

換気扇などの換気設備を充実させて、湿気を排出する方法も有効です。エアコンの除湿機能や除湿機などを適宜利用することや、押入れ・天井裏などの狭いところには、市販の吸湿材の利用が便利で効果的です。
湿気中
床下には特に湿気がこもりやすく、床下用換気扇による強制排気することで、床面から室内への湿気の流入や建材につくカビなどを防ぐことができます。

また、室内の観葉植物水槽も湿気を発生させるものです。そして開放型ストーブなども避けた方がよいでしょう。

室内の湿度は40〜60%が望ましいとされています。

生活の中で湿度計を気にする習慣を身につけ、それぞれに合った湿気対策で、適切な湿度を保つこと心掛けたいものです。
湿気下

関連コンテンツ

屋根緑化が効果的

省エネ住宅の省エネ対策のひとつに屋根緑化があります。 屋根緑化とは屋根やルーフテラスに芝生などの植物・・・

気密性

省エネ住宅では断熱性とともに気密性が重視されています。 住宅ではどんなに閉め切っていてもドアや窓、・・・

換気

平成15年には新築住宅における換気設備設置が法律によって義務付けられました。 室内で過ごしていると・・・

太陽光発電

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付けて、太陽の光で電力を作り出すシステムです。 発電時に有害なガスを・・・

風通しをよくして温度や湿度を調節

自然の風を屋内へ取り込むことで室内の温度や湿度を調整して、快適な室内環境を保つことは健康的で、省エネ・・・

植栽

植栽には、夏には日差しを遮り、冬には防風の効果があります。 夏には強い日射を遮ると同時に、住宅の周り・・・

日射

日射は、省エネ住宅の快適さを左右する重要なものです。基本的に日射は、夏場は避け、冬場は取り込みます…・・・

シックハウス症候群

省エネ住宅を購入し、新しい家に入居してきて、気分新たに生活を始めたのに体調が優れない… こんな時は、・・・


「湿気」のトップへ↑
「注文住宅で省エネを考える」のトップへ↑