注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

環境共生住宅


環境共生住宅とは
  • エネルギー・廃棄物・資源などの面で環境への配慮がされている
  • 周辺の自然環境との調和
  • 住む人が健康で快適に生活できる

といった工夫がされた住宅のことを指しています。

地球の資源問題・環境問題や都市化による住宅環境の悪化が、この環境共生住宅が提唱される背景となっています。現在では省エネ住宅・環境共生住宅の普及に国をあげて取り組んでいます。

環境共生住宅は、周辺環境との親和性を一つの目的として挙げています。住宅の周辺に植栽を施し、住宅敷地内や屋上を緑化することで、ヒートアイランド現象や大気汚染などの環境問題への対策としても有効で、野鳥や虫などの生態系との共生が実現することができます。

そしてもう一つの目的に、地球環境の保全を挙げています。その目標に近づくためには、環境への負荷が小さいエネルギーの利用が必要かつ重要になってきます。石油・ガス・石炭等の使用を削減し、自然エネルギーを有効に利用することが一つの手段となります。
また、環境共生住宅の概観は周囲の景観になじむことが大切で、地域の町並みに住宅を調和させることは、視覚的、精神的に心地よい環境をつくることができます。

そして3つ目の目的に、居住環境の健康性・快適性が挙げられています。
住宅資材として使用する建材・内装材への配慮をすることで、有害物質が原因で発生する「シックハウス症候群」を防ぐ効果となります。また高齢化社会に対応するために住宅全体をバリアフリーやユニバーサルデザインにし、手すりなど取り付けたり、お年寄りに限らず、誰もが生活しやすい住まいにすることも一つの方法です。

環境共生住宅の実現には、さまざまな方法からそれぞれの住宅に合った方法を採用していくことになります。

環境共生住宅は、省エネによって環境問題の改善を目指す省エネ住宅とともに、今後私たちの住宅の基本となっていくことが期待されています。

関連コンテンツ

省エネ法

住宅では冷暖房、給油、冷蔵庫の家電製品などさまざまなところでエネルギーを消費します。 生活における消・・・

次世代省エネルギー基準

地球温暖化・オゾン層破壊のもたらす問題が1990年代に入り指摘され始め、世界各国で防止対策が講じられ・・・

エコキュート

最近の日本では、省エネルギー対策が強化され、家庭でも省エネルギーに配慮した生活が強く求められています・・・

自然エネルギー

地球の環境問題が深刻になっている現代、省エネ住宅を実現する方法として自然エネルギーが注目を集めていま・・・

省エネラベリング制度

省エネ住宅という考え方の普及に伴い、電化製品でも省エネ製品が普及するようになってきました。最近では電・・・