注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

省エネラベリング制度


省エネ住宅という考え方の普及に伴い、電化製品でも省エネ製品が普及するようになってきました。最近では電化製品・石油機器の普及でエネルギーの消費量が増加する一方、省エネ性能の高いものが開発されるようになっています。

上記のような事情から、2000年8月に消費者が「省エネ型製品」を購入する目安として「省エネラベリング制度」がJIS規格として制定されました。省エネラベリング制度とは電気や石油などのエネルギー消費機器の省エネ性能を表示したもので、消費者が製品の購入する際に、比較検討する材料として利用することを目的としています。

省エネラベルには4つの情報が示されています。
省エネラベル
  1. 省エネ性マーク … 省エネ基準の達成を示します
    緑色のマークは基準を達成した製品
    オレンジ色のマークは基準を達成していない製品
  2. 省エネ基準達成率 … 製品の省エネ基準の達成率を%で表示
    この達成率が高いほど省エネ性能に優れていることになります。
  3. 目標年度 … 省エネ基準の達成を目指す時期の表示
  4. エネルギー消費量 … 製品の「エネルギー消費量」を数値で表示

現在ではエアコン、テレビ、冷蔵庫などの16品目が対象となっています。

省エネ性能が高い製品は消費エネルギーが少ないだけではなく、光熱費を抑えることができる製品でもあります。

省エネ住宅では生活用品にも配慮をして、環境や家計に優しいものを選ぶことが望まれます。

関連コンテンツ

省エネ法

住宅では冷暖房、給油、冷蔵庫の家電製品などさまざまなところでエネルギーを消費します。 生活における消・・・

次世代省エネルギー基準

地球温暖化・オゾン層破壊のもたらす問題が1990年代に入り指摘され始め、世界各国で防止対策が講じられ・・・

エコキュート

最近の日本では、省エネルギー対策が強化され、家庭でも省エネルギーに配慮した生活が強く求められています・・・

自然エネルギー

地球の環境問題が深刻になっている現代、省エネ住宅を実現する方法として自然エネルギーが注目を集めていま・・・

環境共生住宅

環境共生住宅とは エネルギー・廃棄物・資源などの面で環境への配慮がされている 周辺の自然環境との調和・・・