注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

オール電化


オール電化住宅とは、生活に必要なエネルギーすべてを電気でまかなう住宅のことをいいます。

オール電化は新築住宅を中心に普及しており、近年ではブームとなっています。

オール電化が支持される理由は、安全であるということが第一に考えられます。住宅の中で火を扱わないことは、火傷、不完全燃焼、火災の危険性が少なくなります。実際、電気で人命に関わる大事故はあまり見受けられません。

また電気は災害時に復旧が早いということでも支持されており、電力は貯蓄が可能で停電の影響も少なく、非常時にも活用されます。

そして電気はCO2などの燃焼ガスを発生しないため、室内の空気を汚しにくいという点でも優れています。

こういった電化住宅のメリットは、高断熱・高気密の省エネ住宅に適しており、近年では省エネ住宅の中でもオール電化住宅が増加しています。

オール電化の中で省エネ効果の高いものに「エコキュート」というシステムがあります。

これは空気中の熱を利用してお湯を沸かすことができる電気温水機で、このお湯は風呂水や床暖房、浴室暖房、乾燥などに活用することができます。経済的かつ省エネであるこのシステムは、国からの補助金対象となっており、今後ますます利用者が増えると思われます。

このように国や消費者から支持されているオール電化ですが、デメリットもあり、その一つに電磁波の問題があります。
電磁波が人体に及ぼす影響は明らかにされていませんが、いいものでないようです。
一番電磁波に触れる機会が多い主婦や近くにいる子ども、また妊娠している場合には胎児への影響が心配されています。

関連コンテンツ

電化製品

省エネ住宅では構造上の対策だけではなく、生活の中で省エネを心掛け、様々な工夫を施しエネルギー消費を抑・・・

暖房器具

家庭で使われる暖房器具にはさまざまな種類がありますが、ここでは、それぞれのメリットとデメリットを挙げ・・・

床暖房

冬場、屋内を快適な温度に保つためには暖房器具が必要です。省エネ住宅では効率よく室内を暖める暖房器具が・・・

エアコン

一般家庭での消費電力の4割がエアコンによるものだそうです。 一番の省エネはエアコンに頼らない生活をす・・・