注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

電化製品


省エネ住宅では構造上の対策だけではなく、生活の中で省エネを心掛け、様々な工夫を施しエネルギー消費を抑えることも大切です。

家庭で使用する電力は、テレビ、エアコン、冷蔵庫、照明などによる消費が最も多く、電化製品を省エネ効率の高いものに買い換えることは省エネには効果的です。これらの電化製品はトップランナー方式の採用によって、近年大幅に効率が向上しています。

また電化製品の使用方法でもエネルギー消費量は変動します。

例えば冷蔵庫の使用では、庫内に詰め込み過ぎない、開閉数を少なく、熱いものは冷めてから入れる… などといったことも省エネになります。

最近ではエネルギー効率のよい電化製品もさまざまな種類のものが出ており、その一つに食器洗い乾燥機があり、近年では一般家庭にも普及しています。

食器洗い乾燥機は貯めたお湯で食器を洗うため、大幅に水の使用量を減らすことができます。

水の使用でもエネルギーは消費されます。
河川水から水道水を作り出すエネルギー、給水するエネルギー、汚水を処理するエネルギーなどです。水を大切につかうことによって省エネ効果も出てくるのです。

私たちの生活の中ではさまざまな電化製品が使われており、その電力を発電するために多くのエネルギーが消費されています。
それは石炭、原油、天然ガスなど自然界に存在するものが原料で、こういったものは有限な資源といわれています。

省エネは地球の環境問題に関わる重大な課題です。
省エネ住宅では電化製品の消費エネルギーに配慮した生活をし、不必要なエネルギーを使わないような心掛けが大切です。

関連コンテンツ

オール電化

オール電化住宅とは、生活に必要なエネルギーすべてを電気でまかなう住宅のことをいいます。 オール電化・・・

暖房器具

家庭で使われる暖房器具にはさまざまな種類がありますが、ここでは、それぞれのメリットとデメリットを挙げ・・・

床暖房

冬場、屋内を快適な温度に保つためには暖房器具が必要です。省エネ住宅では効率よく室内を暖める暖房器具が・・・

エアコン

一般家庭での消費電力の4割がエアコンによるものだそうです。 一番の省エネはエアコンに頼らない生活をす・・・