注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

暖房器具


家庭で使われる暖房器具にはさまざまな種類がありますが、ここでは、それぞれのメリットとデメリットを挙げていきます。

暖房器具には
  • 対流式 … 暖めた空気を対流させることで室内全体を暖める
  • 輻射式 … 赤外線による照射によって人体を暖める
  • 伝導式 … 熱源が直接人体を暖める
があります。

オイルヒーターなどのパネルヒーターは、輻射と自然対流を利用し部屋全体を暖める暖房器具です。
メリットは、空気を汚さない為、健康面、安全面で優れています。
デメリットは、電気を多く消費するため省エネ効果は低く、電気代が掛かってしまうという所です。
近年パネルヒーターはさまざまな改良がされ、立ち上がりの早いものや温水タイプのものも登場し、選択肢が拡がっています。

石油ストーブ、ガスファンヒーターなどは対流式の暖房器具です。
メリットは、なんと言っても手軽で使いやすいことでしょう。
デメリットは、燃焼ガスを発生するため、室内空気を汚しやすい事です。

近年注目を集めている床暖房は、熱の輻射と伝導を利用し「頭寒足熱」の理想的な暖房によって室内温度を均一に暖めることができる暖房器具です。省エネ住宅や新築マンションなどでは標準装備になるほど普及しています。
メリットは、空気の汚染や乾燥が少なく、静かで場所をとらないなどが挙げられます。
デメリットは、規模が大きく設置が簡単ではないということです。

床暖房には電気式や温水ガス式など熱源も多様化していますが、床温度を上げることは体感温度を効果的にあげることでき省エネにも有効です。

特に断熱性、気密性に優れた省エネ住宅では、空気を汚さず、穏やかに室内を暖める床暖房は最適な暖房器具だといえます。

関連コンテンツ

オール電化

オール電化住宅とは、生活に必要なエネルギーすべてを電気でまかなう住宅のことをいいます。 オール電化・・・

電化製品

省エネ住宅では構造上の対策だけではなく、生活の中で省エネを心掛け、様々な工夫を施しエネルギー消費を抑・・・

床暖房

冬場、屋内を快適な温度に保つためには暖房器具が必要です。省エネ住宅では効率よく室内を暖める暖房器具が・・・

エアコン

一般家庭での消費電力の4割がエアコンによるものだそうです。 一番の省エネはエアコンに頼らない生活をす・・・