注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

床暖房


冬場、屋内を快適な温度に保つためには暖房器具が必要です。省エネ住宅では効率よく室内を暖める暖房器具が求められます。

エアコンやファンヒーターによる暖房は、暖かい空気は上昇し冷たい空気が足元に残るため、室内の温度にムラができてしまいます。

人間は頭部より足元が温かいと快適に感じる傾向があります。
それは昔から「頭寒足熱」といわれ、厚手の靴下を履き、カーペットを敷くなどで冬場は足元を暖めてきました。

床暖房は、この「頭寒足熱」を行う理想的な暖房器具だといえます。

省エネ住宅は、断熱性、気密性に優れており、空気を汚さず穏やかに室内を暖める床暖房が最適です。

床暖房は熱の伝導と輻射によって、床から室内全体を均一に暖めることができ、熱源は床下にあるため、子どもや年寄りが誤って触れて火傷をする心配がなく安全面で優れているものです。

火を使用していないため、燃焼ガスによる空気の汚染がなく、乾燥や換気の心配がありません。
冬場の室内の乾燥はウィルスの繁殖などの悪影響を及ぼします。

また床自体が暖房器具であるため暖房器具を置くスペースや収納スペースを確保する必要がないことも、日本の小さな住宅にとっては大変大きなメリットです。

床暖房は主に電気式と温水式に分けられます。

電気式では床下に電気ヒータ−を設置して床を暖めており、一般的に維持費がかかると言われますが、小スペースでの利用は便利で経済的です。

現在注目を集めている温水式は、床下に温水を循環させることで床を暖めるほうほうで、初期費用はかかりますが、維持費は割安で、住宅全体を暖めることができます。

床暖房は対流式のエアコンやファンヒーターに比べ、効率の良い暖房ができ省エネ効果が期待できるものとして関心が高まっています。

関連コンテンツ

オール電化

オール電化住宅とは、生活に必要なエネルギーすべてを電気でまかなう住宅のことをいいます。 オール電化・・・

電化製品

省エネ住宅では構造上の対策だけではなく、生活の中で省エネを心掛け、様々な工夫を施しエネルギー消費を抑・・・

暖房器具

家庭で使われる暖房器具にはさまざまな種類がありますが、ここでは、それぞれのメリットとデメリットを挙げ・・・

エアコン

一般家庭での消費電力の4割がエアコンによるものだそうです。 一番の省エネはエアコンに頼らない生活をす・・・