注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

エアコン


一般家庭での消費電力の4割がエアコンによるものだそうです。
一番の省エネはエアコンに頼らない生活をする事ですが、現実には、その日の天候によってこの文明の利器が必要な場合もあります。
特に湿度が高まる梅雨から夏にかけてを、快適に過ごす為にはエアコンの力は大変魅力的です。
エアコン上
省エネ住宅では、このエアコンの電力消費量を抑えることが大切で、エアコンの機種を検討し購入することによって、省エネにつなげていきます。

多くのメーカーからエアコンが販売され、機能や性能も多様な現状で、最初に確認するのが省エネラベルです。これには省エネ性マーク・省エネ基準達成率・エネルギー消費効率・目標年度と、4つの情報が表示されていますので、数ある候補を比較検討するときには、参考にしたいものです。

最近になって人気を集めているのが、フィルターの掃除を自動的にする機種で、この機能には省エネ効果が望めます。と言うのは、通常のエアコンはフィルターの掃除をこまめにしないとホコリがたまり、冷房効果を下げてしまのです。自動でフィルターの掃除をしてくれる機能は、冷房効果を長く保つことにより、省エネに貢献するのです。


フィルターお掃除ロボット付き エアコン

また、センサーで人を感知して運転状況を変化させたり、その家庭に合わせた運転をエアコンが考え実行する機能などがあり、そういった日々の無駄を無くすことで、省エネ効果を上げることになるのです。

密封度の高い省エネ住宅にとって、湿気対策などに効果的なエアコンは必要不可欠な機器ですが、エコ的考え方からも、できるだけ環境への負担をかけないように利用していきたいものです。

関連コンテンツ

オール電化

オール電化住宅とは、生活に必要なエネルギーすべてを電気でまかなう住宅のことをいいます。 オール電化・・・

電化製品

省エネ住宅では構造上の対策だけではなく、生活の中で省エネを心掛け、様々な工夫を施しエネルギー消費を抑・・・

暖房器具

家庭で使われる暖房器具にはさまざまな種類がありますが、ここでは、それぞれのメリットとデメリットを挙げ・・・

床暖房

冬場、屋内を快適な温度に保つためには暖房器具が必要です。省エネ住宅では効率よく室内を暖める暖房器具が・・・