注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る


住宅における窓の役割の一つに、太陽の光と熱を取り入れることがあります。

室内の温度は外気の侵入の度合いが大きく影響してきます。
それは、窓は隙間ができやすく、また日射が入る場所であり、そして壁と比べて熱伝導もよい部分であるからです。

昔と比べて性能が良くなった現代の住宅では、窓ガラスからの熱気、冷気の侵入と損失が室内に大きく影響しています。
住宅メーカーの調査によると、夏は窓から外の熱が53%室内に侵入し、冬は暖かい空気が37%流出するという結果もあります。

省エネ住宅の建築には、一般的に窓にはペアガラスや断熱サッシが多く利用されています。

ペアガラスというのは、ガラスを2枚使いその間に空気を密封したもので、断熱効果が高く省エネに効果的です。ペアガラス以外にもガラスにはいろいろな種類があり、それぞれ省エネ効果に違いがあります。

窓枠にも断熱性の高い構造や素材が用いられたものがあります。

実際にはガラスと窓枠の断熱性と、住宅がおかれる環境を総合的に判断して、住宅に必要な窓が決まっていきます。

外気からの影響は窓の数や位置によっても変わります。

窓の数は同じ室内に2箇所以上あると風通しがよくなります。夏の遮光と冬の日射の両方の効果を考慮すると、低い位置に窓を設置するのが適当だといえます。

省エネ住宅には窓の対策が重要なポイントになります。
窓を有効に利用し、冷暖房に頼り過ぎない生活を心掛けたいものです。

関連コンテンツ

窓ガラス

窓は住宅の中で外気を取り入れたり、日射を取り入れるために欠かせない部分です。 しかし窓は熱伝導がよ・・・

窓掛け

窓は省エネ住宅と大きく関わっています。それは窓ガラスの熱伝導がよく、最も外気が侵入しやすい部分だから・・・

断熱材

省エネ住宅の壁・屋根・床等は断熱材により充填されています。 断熱材とは伝導による熱の移動を抑えるた・・・

省エネ住宅の断熱性を考えるとき、窓・ドア・床などと同様に壁も重要な対策ポイントです。 冷暖房の効果・・・

屋根

夏には強い日射が屋根や外壁の温度を上げ、熱は天井から室内へと伝わり、空気の温度をあげます。 省エネ・・・

住宅の中でも床は、住む人の足が常に触れている大切な部分です。 特に日本人は靴をはかない生活をしている・・・

ドア

省エネ住宅では窓やドアなどの開口部は省エネ性において弱点になる部分だと言われています。 それは、その・・・

照明

一般家庭における照明のエネルギー消費量は全体の20%程といわれており、照明の省エネは毎月の電気代の節・・・


「窓」のトップへ↑
「注文住宅で省エネを考える」のトップへ↑