注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

窓掛け


窓は省エネ住宅と大きく関わっています。それは窓ガラスの熱伝導がよく、最も外気が侵入しやすい部分だからです。

省エネ住宅では断熱ガラスや断熱サッシを取り付けて断熱性を高める方法が効果的ですが、新築時ならともかく、既に取り付けてある窓ガラスを取り替えることは大掛かりな改修工事になり、簡単にできることではありません。

そこで窓を覆うための「窓掛け」を有効に利用する方法が考えられます。

窓掛けにはいろいろな種類がありますが、一番ポピュラーなものはカーテンです。

カーテンは窓面積の覆い方によって省エネ効果が違って、ガラス部分だけを覆うより、天井から床まで垂らした方が効果的です。さらに一重より二重の方が効果的で、厚地と薄地の2枚を吊るして昼間と夜間、夏と冬で使い分けることもでき手軽で便利です。また、ヒダの数が多い方が窓ガラスと室内との間にできる空気層が厚くなり省エネ効果が高まります。

ブラインドも住宅の窓でよく使われるものです。
羽の調節によって直射日光を遮断し、光や熱の量を調節することができます。
羽に遮熱塗料が塗られたものは、夏は冷房効率を上げながら、明るさも確保できます。

カーテンとブラインドを組み合わせて使うことにより、より効果をあげることができます。

日本の住宅で和室に多く用いられる障子にも省エネ効果が期待できます。夏場の強い日差しを和らげ、冬は室内の空気の流出を防ぎ暖かく保ってくれます。最近では破れにくい障子紙もあり、とても便利です。

窓掛けはインテリアとしてだけでなく、工夫次第では想像以上に省エネ効果を発揮するものなのです。

関連コンテンツ

住宅における窓の役割の一つに、太陽の光と熱を取り入れることがあります。 室内の温度は外気の侵入の度・・・

窓ガラス

窓は住宅の中で外気を取り入れたり、日射を取り入れるために欠かせない部分です。 しかし窓は熱伝導がよ・・・

断熱材

省エネ住宅の壁・屋根・床等は断熱材により充填されています。 断熱材とは伝導による熱の移動を抑えるた・・・

省エネ住宅の断熱性を考えるとき、窓・ドア・床などと同様に壁も重要な対策ポイントです。 冷暖房の効果・・・

屋根

夏には強い日射が屋根や外壁の温度を上げ、熱は天井から室内へと伝わり、空気の温度をあげます。 省エネ・・・

住宅の中でも床は、住む人の足が常に触れている大切な部分です。 特に日本人は靴をはかない生活をしている・・・

ドア

省エネ住宅では窓やドアなどの開口部は省エネ性において弱点になる部分だと言われています。 それは、その・・・

照明

一般家庭における照明のエネルギー消費量は全体の20%程といわれており、照明の省エネは毎月の電気代の節・・・