注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る


住宅の中でも床は、住む人の足が常に触れている大切な部分です。
特に日本人は靴をはかない生活をしているため、直接足に触れる床は、体感温度や健康にも大きな影響を与えます。

省エネ住宅では壁や天井と同様に床にも断熱材を入れます。
床下には地面の湿気・冷気がこもっており、その侵入を防ぐために断熱材は隙間無くしっかり敷き詰めることが重要です。床下に断熱材を入れることは防音対策にもつながります。

床面の問題にはダニやカビの発生があります。
ダニやカビの原因となる湿気は床下の土壌から床材を通じて室内へ入ります。この床下の湿気を取り除くには、通風を確保し、防湿フィルムを敷き詰めたり、コンクリートを打つなどの防湿対策を行う必要があります。

また、室内の床材や敷物によって省エネ効果を上げる方法もあります。

例えば日本の伝統的な床材である畳は、吸湿性が高く、湿度を畳自体が調整してくれる優れた床材です。質感もよく、見た目にも落着きがあります。

カーペットやラグなどは熱の損失が少なく、冬に敷くことで床をより温かく感じさせる効果があります。
反対にフローリングや畳、茣蓙(ござ)は夏には冷たく感じられ、見た目にも涼しげになります。

床には、省エネであると同時に、強度や耐久性に優れ、自然のぬくもり、肌触りのよい質感、見た目などが求められます。

関連コンテンツ

住宅における窓の役割の一つに、太陽の光と熱を取り入れることがあります。 室内の温度は外気の侵入の度・・・

窓ガラス

窓は住宅の中で外気を取り入れたり、日射を取り入れるために欠かせない部分です。 しかし窓は熱伝導がよ・・・

窓掛け

窓は省エネ住宅と大きく関わっています。それは窓ガラスの熱伝導がよく、最も外気が侵入しやすい部分だから・・・

断熱材

省エネ住宅の壁・屋根・床等は断熱材により充填されています。 断熱材とは伝導による熱の移動を抑えるた・・・

省エネ住宅の断熱性を考えるとき、窓・ドア・床などと同様に壁も重要な対策ポイントです。 冷暖房の効果・・・

屋根

夏には強い日射が屋根や外壁の温度を上げ、熱は天井から室内へと伝わり、空気の温度をあげます。 省エネ・・・

ドア

省エネ住宅では窓やドアなどの開口部は省エネ性において弱点になる部分だと言われています。 それは、その・・・

照明

一般家庭における照明のエネルギー消費量は全体の20%程といわれており、照明の省エネは毎月の電気代の節・・・


「床」のトップへ↑
「注文住宅で省エネを考える」のトップへ↑