注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

ドア


省エネ住宅では窓やドアなどの開口部は省エネ性において弱点になる部分だと言われています。
それは、その用途ゆえ開閉することが多く、構造的に隙間ができやすく、熱伝導がよい部分だからです。

玄関や勝手口などのドアは、開閉回数が多く、住宅の中でも外気が入りやすい部分で、従来使われていたアルミ製のドアは、近づくと冷気を感じたり、表面に結露がみられることがよくありました。

そこでアルミ製のドアでも内部に断熱材を入れたり、ガラス部分に高断熱ガラスを採用した断熱タイプのドアが開発されました。
熱の出入りを最小限に抑えるため省エネ効果も高まり、玄関や勝手口付近の寒さを防ぐことができます。

またドアのゴムは毎日の開閉によって擦れたり、長期間の使用によって硬くなったり、ヒビが入ることがあります。
ドアを閉めていても隙間風が入る時には、ゴムの取り替えや取り付け位置の微調整を行うことも必要です。これは室内のドアにも言える事で、断熱、気密性が省エネ効果に大きく影響します。

一般的な住宅では、冷暖房をしている部屋としていない部屋との温度差が激しく、身体に負担がかかってしまいます。

断熱、気密性が高い省エネ住宅は、1,2台のエアコンで住宅全体を冷暖房することができるといわれます。
部屋の温度差も少なくなり身体に負担の少なく健康的な住宅だといえます。

日本のドアや窓は昔から「引き戸」が主流でした。
「引き戸」は多くの面積が開けられ風通しがよい反面、気密性においては劣りますが、近年では気密性の高い「引き戸」も開発されており、省エネ住宅では多く取り入れられています。

今後は同様の開発が進んで行き、省エネ住宅のドアも選択の幅が広がっていくものと思われます。

関連コンテンツ

住宅における窓の役割の一つに、太陽の光と熱を取り入れることがあります。 室内の温度は外気の侵入の度・・・

窓ガラス

窓は住宅の中で外気を取り入れたり、日射を取り入れるために欠かせない部分です。 しかし窓は熱伝導がよ・・・

窓掛け

窓は省エネ住宅と大きく関わっています。それは窓ガラスの熱伝導がよく、最も外気が侵入しやすい部分だから・・・

断熱材

省エネ住宅の壁・屋根・床等は断熱材により充填されています。 断熱材とは伝導による熱の移動を抑えるた・・・

省エネ住宅の断熱性を考えるとき、窓・ドア・床などと同様に壁も重要な対策ポイントです。 冷暖房の効果・・・

屋根

夏には強い日射が屋根や外壁の温度を上げ、熱は天井から室内へと伝わり、空気の温度をあげます。 省エネ・・・

住宅の中でも床は、住む人の足が常に触れている大切な部分です。 特に日本人は靴をはかない生活をしている・・・

照明

一般家庭における照明のエネルギー消費量は全体の20%程といわれており、照明の省エネは毎月の電気代の節・・・


「ドア」のトップへ↑
「注文住宅で省エネを考える」のトップへ↑