注文住宅で省エネを考えるのTOPに戻る

照明


一般家庭における照明のエネルギー消費量は全体の20%程といわれており、照明の省エネは毎月の電気代の節約にもなり、環境保全のためにもよいことです。
照明上
照明器具には用途に合わせた数種類のランプや機能があり、ランプとして代表的なものに白熱灯と蛍光灯があります。

蛍光灯はランプ自体の金額は高いのですが、寿命が長く白熱灯より経済的といえます。寿命が長いことは省資源でもあります。
蛍光灯には点灯時に一番多く電力を消費するという特性があり、点灯回数(点灯時間ではありません)が多ければ寿命も短くなってしまいます。そのため長時間点灯している場所では蛍光灯が経済的です。

逆に、点灯回数の多い場所(例えばトイレなど)には白熱灯が適しています。

このようにランプの特性と照明の設置場所の使用状況を考え、蛍光灯と白熱灯を使い分けることで、省エネ効果の有効化を図ることができます。

また玄関や廊下などの長時間の点灯が必要な場所には、調光機能のついた照明器具を用いることで明るさを調整することも省エネ効果につながります。
以前は白熱灯だけが調光可能でしたが、最近は蛍光灯でも調光可能なものが出ています。

センサーなどで自動的に点灯、消灯を行う照明器具も省エネ効果の高いものです。また暗くなったり一定期時間人の気配がないと、自動的に消灯したり明るさを絞ることのできる高機能な器具も出ています。

LEDも寿命が長く経済的で、省エネに効果的な次世代の光源として注目を集めています。

このように照明は日々進化しており、省エネ効果の高い器具は多く開発されています。
照明下
省エネ住宅では適切な照明設置と無駄な照明の消灯などに配慮して省エネを心掛けることが大切です。

関連コンテンツ

住宅における窓の役割の一つに、太陽の光と熱を取り入れることがあります。 室内の温度は外気の侵入の度・・・

窓ガラス

窓は住宅の中で外気を取り入れたり、日射を取り入れるために欠かせない部分です。 しかし窓は熱伝導がよ・・・

窓掛け

窓は省エネ住宅と大きく関わっています。それは窓ガラスの熱伝導がよく、最も外気が侵入しやすい部分だから・・・

断熱材

省エネ住宅の壁・屋根・床等は断熱材により充填されています。 断熱材とは伝導による熱の移動を抑えるた・・・

省エネ住宅の断熱性を考えるとき、窓・ドア・床などと同様に壁も重要な対策ポイントです。 冷暖房の効果・・・

屋根

夏には強い日射が屋根や外壁の温度を上げ、熱は天井から室内へと伝わり、空気の温度をあげます。 省エネ・・・

住宅の中でも床は、住む人の足が常に触れている大切な部分です。 特に日本人は靴をはかない生活をしている・・・

ドア

省エネ住宅では窓やドアなどの開口部は省エネ性において弱点になる部分だと言われています。 それは、その・・・


「照明」のトップへ↑
「注文住宅で省エネを考える」のトップへ↑