Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  視力回復治療 > 眼科治療の現在

眼科治療の現在


視力というのは、目で物体を識別する能力のことをいいます。

視力が低下する理由は、色々と考えられます。
主な原因を挙げると、屈折異常、調節異常があります。このような原因で視力が低下した場合、屈折矯正を行うことで視力を回復させることは可能です。
なんらかの病気の影響で視力が低下した場合には、その要因を取り除かない限り、視力回復は難しいのが現実です。

最近の目の治療法は目覚しく進歩しています。手術やレーザー治療、人口水晶体、角膜移植、コンタクトレンズ、薬物治療など以前に比べて手段も多岐にわたります。
その中でも現在注目されているのが、レーシックです。

レーシックというのは、角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射して、角膜の曲率を変えることによって視力を矯正する手術をいいます。

方法としては、マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を削り、ふたのようなフラップを作り、めくります。そこにエキシマレーザーを照射して、角膜の一部を蒸散させます。その後、フラップを元の位置に戻して、フラップが自然に接着するまで待ちます。約2〜3分です。
角膜の中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がって近視が矯正されることによって視力回復が期待できるのです。
また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで、乱視の矯正も可能となります。

マイクロケラトームの代わりにエピケラトームイントラレースFSレーザーなどによってフラップを形成する方法もあります。

関連コンテンツ

視力回復の治療法

現在、眼科領域の治療は目ざましく進歩しています。コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角・・・

オルソケラトロジーによる治療

オルソケラトロジーは新しい視力回復の為の治療法です。通常、コンタクトレンズというと、昼間に装着して視・・・

視力表による視力検査

健康診断などでは、視力表を用いて視力を検査します。これは裸眼視力といって、メガネやコンタクトレンズを・・・


「眼科治療の現在」のトップへ↑
「Story of Eyes」のトップへ↑