Story of EyesのTOPに戻る

乱視


乱視になると、遠くも近くも物が見えにくく、物や光が二重に見えたりします。

近視や遠視などの、他の異常のない眼の方は、眼の診断回数が少ないため乱視に気づく機会が少ないため、発覚していない乱視の方は結構いるようです。もし、上記のような症状に覚えがある方は、一度眼科で診断してみるのもいいでしょう。

人は多少なりとも乱視の要素を持っています。

乱視の主な原因は角膜の形に歪みがあることです。生まれつきのことが多いのですが、角膜の病気によるもののほか、白内障の手術後、角膜移植後などにも起こります。角膜の形を等高線で示した場合に、正常な眼はほぼ正円に近い形を形成します。しかし、正円になる方は非常に珍しく、眼が正常な方でも多少の歪みはあるのです。
角膜等高線
*左から正視・正乱視・不正乱視
この角膜の歪み具合がひどくなると乱視となります。

乱視は、角膜がゆがんでいるため、網膜のどこにもピントが合いません。

乱視には先天性のものと、後天性の乱視があります。先天性のものには、角膜のカーブの程度が方向によって違うことによって生じまる正乱視と、角膜の病気や怪我などの視力障害によって生じる不正乱視があります。

症状としては、遠いところも近いところも見えにくく、目が疲れる、ものが二重に見える… などです。
ただ、斜視の場合でも、物が二重に見えることがあります。斜視の場合は片目でみたときはひとつに見えます。これに対して乱視の場合は片目で見ても二つに見えます。
また乱視が原因で、結果的に弱視になることや、眼の疲れから根気がなくなることがあるため、お子さんの場合は周囲が気をつけてあげる必要があります。
歪み
乱視の程度が軽い場合は、遠視と同じように調節することによってある程度は視力が回復し、物がはっきりと見えるようになります。しかし度が強くなると調節しきれず、充分な視力の回復は望めません。したがってメガネを用いて矯正することになります。

正乱視の場合は、円柱レンズというレンズを用いためがねで矯正します。一方、不正乱視の場合は、コンタクトレンズで矯正します。

関連コンテンツ

近視の原因って?症状は?

近視というのは、一番身近に感じる視力の症状ではないでしょうか?近視は、眼が全く調節をしないような遠く・・・

仮性近視(偽近視)について

以前は、近くで物を見る作業が長く続くと、一時的に近視の状態になるという説を仮性近視あるいは偽近視と呼・・・

遠視って何?

幼いお子さんがメガネをかけていると、近視と考えがちですが、実際は遠視でメガネをかけている場合が多いの・・・

老眼ってなんなのかなぁ

老眼(老視)というのは病気ではなく、個人差こそあれ、中年前後になると誰にでも起こりえる生理的な現象で・・・

斜視について

遠視や近視という概念とは別に、一つの物を見るときに、片方の目の視線は目標の物を向いているのに、もう一・・・


「乱視」のトップへ↑
「Story of Eyes」のトップへ↑