Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  症状について > 仮性近視(偽近視)について

仮性近視(偽近視)について


以前は、近くで物を見る作業が長く続くと、一時的に近視の状態になるという説を仮性近視あるいは偽近視と呼んでいましたが、
子供
これは日本独自の考え方で、現在は否定的にとらえられています。以前の、仮性近視に対する治療として、調節麻痺薬を夜寝る前に点眼して、毛様体筋を休ませる方法が主流でしたが、薬の効果が疑問視され、現在では、健康保険の適応外となりました。
また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する恐れがあり、大変危険であるのです。

近視が改善したかどうかの判断は、見える・見えないといった視力の回復で測るのではなく、ジオプターという屈折度の単位で正確に測って比較する必要があります。これまでの報告ではこの測定が不十分だったことから、信頼性に欠けると判断されたのです。

近視は遺伝的要素が大きく影響し、本を近づけて読まない、暗いところで目を使わない、といった目の健康法を採り入れた生活をしたとしても、近視になる人はなります。

むしろ目が悪くなるから目を使わないようにする、というのは逆効果で、お子さんの場合、目の発達から考え、自然に行うものを見るという日常生活における訓練は、視力の発達を促す上で大変重要なのです。
子供
また、近視は子どもの頃に始まるのがほとんどで、20歳を過ぎれば近視はさほど進まなくなります。20歳〜25歳で屈折状態の変化はとまり、近視の度の進行も止まるのです。
屈折状態の年齢分布を見ると、就学前の幼児や小学校低学年の間は、遠視が多いのが現実です。学年が進むにつれて近視の割合が増えてきます。

関連コンテンツ

乱視

乱視になると、遠くも近くも物が見えにくく、物や光が二重に見えたりします。 近視や遠視などの、他の異・・・

近視の原因って?症状は?

近視というのは、一番身近に感じる視力の症状ではないでしょうか?近視は、眼が全く調節をしないような遠く・・・

遠視って何?

幼いお子さんがメガネをかけていると、近視と考えがちですが、実際は遠視でメガネをかけている場合が多いの・・・

老眼ってなんなのかなぁ

老眼(老視)というのは病気ではなく、個人差こそあれ、中年前後になると誰にでも起こりえる生理的な現象で・・・

斜視について

遠視や近視という概念とは別に、一つの物を見るときに、片方の目の視線は目標の物を向いているのに、もう一・・・