Story of EyesのTOPに戻る

遠視って何?


幼いお子さんがメガネをかけていると、近視と考えがちですが、実際は遠視でメガネをかけている場合が多いのです。
メガネの子供
遠視は眼球が正規よりも小さく、眼軸が短いために起こる症状で、成長により遠視の状態で眼軸が固定してしまうと、改善することが不可能になります。
遠視や近視のような異常屈折状態の年齢分布を見ると、就学前の幼児から小学校低学年のうちは遠視が多く、学年が進むにつれて近視が増えてきます。

よく誤解されているのが、遠視というのは遠いところが良く見え、近視は近いところがよく見える、と理解されている事です。

遠視というのは、近くはもちろんのこと、遠くを見るのにもはっきりと見ることができず、調節の努力をしなくてはなりません。

近くをみるのに問題のない近視は、手元の作業が多い現代社会においては、かえって疲れにくいという利点もあります。しかし、遠視の場合、遠くのものも、近くのものもはっきり見る為には努力を要し、その疲れは近視以上です。

そのため幼いお子さんの場合などは、調節自体が煩わしくなったり、調節する事に飽きたりするのです。そうなると勉学に支障が及びますので、周囲の配慮と、早めの治療が必要となってきます。

近視と同様に遠視の場合も、遺伝的要素が強いといわれます。

成長に伴い遠視は軽くなり、正や近視になる場合が多いのですが、眼軸が伸びきらずに遠視のままで止まってしまうこともあります。
そのような場合でも、メガネをかけて矯正視力がある程度回復すれば問題になることはないのです。

関連コンテンツ

乱視

乱視になると、遠くも近くも物が見えにくく、物や光が二重に見えたりします。 近視や遠視などの、他の異・・・

近視の原因って?症状は?

近視というのは、一番身近に感じる視力の症状ではないでしょうか?近視は、眼が全く調節をしないような遠く・・・

仮性近視(偽近視)について

以前は、近くで物を見る作業が長く続くと、一時的に近視の状態になるという説を仮性近視あるいは偽近視と呼・・・

老眼ってなんなのかなぁ

老眼(老視)というのは病気ではなく、個人差こそあれ、中年前後になると誰にでも起こりえる生理的な現象で・・・

斜視について

遠視や近視という概念とは別に、一つの物を見るときに、片方の目の視線は目標の物を向いているのに、もう一・・・


「遠視って何?」のトップへ↑
「Story of Eyes」のトップへ↑