Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  症状について > 老眼ってなんなのかなぁ

老眼ってなんなのかなぁ


老眼(老視)というのは病気ではなく、個人差こそあれ、中年前後になると誰にでも起こりえる生理的な現象です。
瞳
老眼になっても、近くが見えにくいというだけで、遠くを見る視力とはなんら関係はありません。

老眼は、近いところが見えにくくなった状態をいいます。その原因は、瞳の中にある水晶体の弾力が衰えてくることによる、ピント調節機能の低下です。
老眼の症状は、遠視と混同されがちですが、遠視は年齢とは無関係で屈折の異常です。これに対して老眼は、調節の異常で、近いところを見るときだけ症状が出ます。老眼は、中年以降になれば、遠視の人にも、近視の人にも生じる可能性があるのです。

老眼の症状は、
  • 薄暗いところでは小さな字が読みにくい
  • 本を読むときに本を目から離さないと良く見えない
  • 細かい仕事をすると目が疲れる
というものです。

上記のような症状を感じたら、老眼が始まってきたと考えられます。このように老眼というのは、あくまで近くを見るのが不便になるというもので、遠くをみる視力には関係ありません。
したがって、老眼になると近いところが見えなくなる代わりに、遠いところが良く見えるようになるというのは間違いです。

また、「年をとったから視力が落ち、遠いところが見えにくくなった」ということはありません。通常近視は、20〜25歳ほどで進行が止まります。中年以降に遠いところが見えづらくなったという場合は、何か別な病気を疑ってみてください。

関連コンテンツ

乱視

乱視になると、遠くも近くも物が見えにくく、物や光が二重に見えたりします。 近視や遠視などの、他の異・・・

近視の原因って?症状は?

近視というのは、一番身近に感じる視力の症状ではないでしょうか?近視は、眼が全く調節をしないような遠く・・・

仮性近視(偽近視)について

以前は、近くで物を見る作業が長く続くと、一時的に近視の状態になるという説を仮性近視あるいは偽近視と呼・・・

遠視って何?

幼いお子さんがメガネをかけていると、近視と考えがちですが、実際は遠視でメガネをかけている場合が多いの・・・

斜視について

遠視や近視という概念とは別に、一つの物を見るときに、片方の目の視線は目標の物を向いているのに、もう一・・・