Story of EyesのTOPに戻る

視力矯正手術


視力回復を希望すると言うのは、コンタクトレンズやメガネの煩わしさを感じている人にとって、強い願望であると思います。
glasses
裸眼でモノを見たい!と強く思う方が増えると共に、医学の進歩もあり、現在では、視力矯正手術が行われるケースが急激に増えてきています。

視力矯正手術には次のような種類があります
  • レーシック
  • イントラレーシック
  • エピレーシック
  • ラセック
  • ウェーブフロント
  • フェイキックIOL
  • PRK
  • フレックスPRK
  • 放射状角膜切開術(PK)
コンタクトレンズとメガネの煩わしさを最も痛感しているのは、スポーツを楽しむ方々でしょう。視力回復および矯正の手術を受けた例もそういった方々が圧倒的に多いようです。

特にレーシック手術に関しては、プロスポーツ選手の手術例が多いようです。

たとえば、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けたことは有名です。彼の手術に影響され、多くの視力に悩むスポーツ選手が手術を受けたといいます。
プロ野球選手の中にも、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で行われる試合が多くなった影響で、視力の低下を招いたことから手術を受けた例もあります。

ただ、レーシックはまだ歴史も浅く、確実な手術とは言い難いのが現実です。たとえば、東北楽天ゴールデンイーグルスの一場靖弘投手は、手術に失敗しました。彼は、右目が角膜炎を発症し、入院することになったのです。右目視力は一時0.04まで低下し、失明の危機もあったほどです。後に回復し大事には至りませんでしたが、有名なプロ選手が手術を受けたからと言って、安易に手術という選択肢を選ぶには、まだまだリスクが多いようです。

関連コンテンツ

イントラレーシック

イントラレーシックとは、視力矯正手術であるレーシック(レーザー角膜屈折矯正手術)の一種です。イントラ・・・

エピレーシック

エピレーシックは、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方・・・

エピレーシックの利点と欠点

エピレーシックのメリットレーザー照射の為のフラップを薄く作成し、そのフラップも剥がれ落ち、その後再生・・・

ラセック

ラセックは、アルコールを用いて角膜上皮のみのフラップ(薄い蓋)を作成したうえでエキシマレーザーを照射・・・

ウェーブフロント技術

ウェーブフロントレーシックは、特殊な検査機器を用いて、角膜や水晶体の収差を解析し、その解析結果を元に・・・

近視の手術

遠くのほうをみるとうまくピントが合わず、はっきり見えないのは、屈折異常が原因です。このうち近視という・・・


「視力矯正手術」のトップへ↑
「Story of Eyes」のトップへ↑