Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  視力回復手術 > イントラレーシック

イントラレーシック


イントラレーシックとは、視力矯正手術であるレーシック(レーザー角膜屈折矯正手術)の一種です。
EYES
イントラレーシックと、一般的なレーシックの違いは、フラップの作成方法とそのフラップの薄さにあります。

フラップは、通常のレーシックでは、マイクロケラトームにより作成し、イントラレーシックでは、イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御により精密に作成します。
イントラレースFSレーザーを利用することによって、一段と安全で正確なフラップを作成することが可能になるのです。

通常のレーシックの場合でも、精巧なフラップを作成することは可能とされています。しかし、カンナ部分の往復運動が原因で、フラップの断面に、若干でこぼこが生じたり、ヒンジというフラップのつなぎ目部分が斜めになることがあり、このために、まれにシワが生じることがあるのです。

一方、イントラレーシックの場合は、コンピュータ制御によってフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に精巧な仕上がりになります。

イントラレーシックで作成するフラップは、従来のレーシックよりも、薄く正確に作成することが可能なことから、角膜実質層を削りとれる量が増えます。そのため、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することができるのです。

デメリットもあり、層間角膜炎が発生したり、フラップの作成や接着に時間がかかる、といったことが指摘されています。

関連コンテンツ

視力矯正手術

視力回復を希望すると言うのは、コンタクトレンズやメガネの煩わしさを感じている人にとって、強い願望であ・・・

エピレーシック

エピレーシックは、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方・・・

エピレーシックの利点と欠点

エピレーシックのメリットレーザー照射の為のフラップを薄く作成し、そのフラップも剥がれ落ち、その後再生・・・

ラセック

ラセックは、アルコールを用いて角膜上皮のみのフラップ(薄い蓋)を作成したうえでエキシマレーザーを照射・・・

ウェーブフロント技術

ウェーブフロントレーシックは、特殊な検査機器を用いて、角膜や水晶体の収差を解析し、その解析結果を元に・・・

近視の手術

遠くのほうをみるとうまくピントが合わず、はっきり見えないのは、屈折異常が原因です。このうち近視という・・・


「イントラレーシック」のトップへ↑
「Story of Eyes」のトップへ↑