Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  視力回復手術 > エピレーシック

エピレーシック


エピレーシックは、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方法の一つです。

エピレーシックでは、エピケラトームというカンナ状の機械により、約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋、フラップを作成します。フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生します。そのため、強い眼の衝撃でもフラップがずれることがありません。
通常のレーシックにおけるフラップの厚さを半分にし、フラップのずれをなくした所が、通常のレーシックとは異なる点です。

エピレーシックは、PRKやラセックなどと同様で、分類としては表面照射という術式に入ります。この手術では、他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去します。そして、角膜実質層を削ることで視力を回復するのです。

通常のレーシックでは角膜実質で切り取りますが、5層の角膜の中で再生するのは角膜上皮だけの為、手術後も角膜実質に切れ目が入った状態になってしまいます。
一方エピレーシックの場合は、戻したフラップはやがて剥がれ落ちて、新しい角膜上皮が再生されます。
通常のレーシックエピレーシック
フラップ作成1フラップ作成2
つまり、エピレーシックボーマン膜をレーザーで消失する代わりに、通常のレーシックに比べ強度の保った角膜になることから、眼球に衝撃を受ける可能性があるボクサーなどに適している手術法でもあります。

エピレーシックは、新しい術法であることからまだ安全性が確立されているとはいえず、メリットとリスクをよく理解したうえで手術を受けるかどうかの判断をするべきです。

関連コンテンツ

視力矯正手術

視力回復を希望すると言うのは、コンタクトレンズやメガネの煩わしさを感じている人にとって、強い願望であ・・・

イントラレーシック

イントラレーシックとは、視力矯正手術であるレーシック(レーザー角膜屈折矯正手術)の一種です。イントラ・・・

エピレーシックの利点と欠点

エピレーシックのメリットレーザー照射の為のフラップを薄く作成し、そのフラップも剥がれ落ち、その後再生・・・

ラセック

ラセックは、アルコールを用いて角膜上皮のみのフラップ(薄い蓋)を作成したうえでエキシマレーザーを照射・・・

ウェーブフロント技術

ウェーブフロントレーシックは、特殊な検査機器を用いて、角膜や水晶体の収差を解析し、その解析結果を元に・・・

近視の手術

遠くのほうをみるとうまくピントが合わず、はっきり見えないのは、屈折異常が原因です。このうち近視という・・・


「エピレーシック」のトップへ↑
「Story of Eyes」のトップへ↑