Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  視力回復手術 > エピレーシックの利点と欠点

エピレーシックの利点と欠点


エピレーシックのメリット

  • レーザー照射の為のフラップを薄く作成し、そのフラップも剥がれ落ち、その後再生することから、フラップがずれたりしない
  • 眼に対する強い衝撃にも耐えられる
  • 比較的、視力の回復や安定が早い
  • フラップ作成時の、正確性の低下、及び、角膜への負担などのリスクが少ない

エピレーシックのデメリット

  • 術後に痛みが伴う
  • 術後3〜7日程度の期間保護用のコンタクトレンズを着用する必要がある
  • ヘイズを起こす危険性が高い
  • ハロ・グレアの出現
  • コントラストが低下する

関連コンテンツ

視力矯正手術

視力回復を希望すると言うのは、コンタクトレンズやメガネの煩わしさを感じている人にとって、強い願望であ・・・

イントラレーシック

イントラレーシックとは、視力矯正手術であるレーシック(レーザー角膜屈折矯正手術)の一種です。イントラ・・・

エピレーシック

エピレーシックは、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方・・・

ラセック

ラセックは、アルコールを用いて角膜上皮のみのフラップ(薄い蓋)を作成したうえでエキシマレーザーを照射・・・

ウェーブフロント技術

ウェーブフロントレーシックは、特殊な検査機器を用いて、角膜や水晶体の収差を解析し、その解析結果を元に・・・

近視の手術

遠くのほうをみるとうまくピントが合わず、はっきり見えないのは、屈折異常が原因です。このうち近視という・・・