Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  視力回復手術 > ウェーブフロント技術

ウェーブフロント技術


ウェーブフロントレーシックは、特殊な検査機器を用いて、角膜や水晶体の収差を解析し、その解析結果を元にレーシック手術を施術する手法です。
ウェーブ
ウェーブフロントレーシックでは、これまで解析不可能だった細かな高次収差(歪み)をウェーブフロントアナライザー(高精度の検査機器)で解析することにより、より細かなレーザー照射を行う事を可能にします。

ウェーブフロントレーシックを行う際、まず、ウェーブフロントアナライザーと言う機器で、眼球全体を波面(Wavefront)として捉えます。それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的にデータ解析を行います。そして、ウェーブフロントアナライザーと解析結果とをリンクさせて、高次収差を無くすようにエキシマレーザーを照射します。

このウェーブフロントの技術は、イントラレーシック、レーシック、エピレーシック、ラセックの手術が適用可能で、オプションとして導入することができます。

オプション料金や検査費用など病院によって様々ですが、適応の有無を調べるウェーブフロントアナライザーでの検査は無料のところもあるようです。

従来のレーシック手術では、角膜の形状異常に対しガイドはありませんでした。それと比べると、ウェーブフロントレーシックでは、角膜高次収差に対して解析をおこなうわけですから、乱視の矯正については理論上有利といえます。

収差を矯正することで、通常のレーシックよりさらに視界のボケやにじみが改善され、例えば同じ視力でもよりクッキリと見えるといった見え方の質の向上が期待できます。

ただし全ての症例に有効なわけではありません。円錐角膜などの角膜形状異常には適応できませんし、ハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣ります。さらに、乱視の種類によっては、乱視用眼鏡の矯正にすら劣る場合もあるのです。

これは全ての手術について言える事ですが、手術は完全ではありません。あらゆるリスクを考え、そのリスクを冒すだけのメリットがあるのかどうかをよく熟慮したうえで、施術するかどうかの判断をすべきでしょう。

関連コンテンツ

視力矯正手術

視力回復を希望すると言うのは、コンタクトレンズやメガネの煩わしさを感じている人にとって、強い願望であ・・・

イントラレーシック

イントラレーシックとは、視力矯正手術であるレーシック(レーザー角膜屈折矯正手術)の一種です。イントラ・・・

エピレーシック

エピレーシックは、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方・・・

エピレーシックの利点と欠点

エピレーシックのメリットレーザー照射の為のフラップを薄く作成し、そのフラップも剥がれ落ち、その後再生・・・

ラセック

ラセックは、アルコールを用いて角膜上皮のみのフラップ(薄い蓋)を作成したうえでエキシマレーザーを照射・・・

近視の手術

遠くのほうをみるとうまくピントが合わず、はっきり見えないのは、屈折異常が原因です。このうち近視という・・・